ダメージレスカラーの甘い罠?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

先日お客様に
「美容室に行くと髪の毛の手触り良くなるのはなんで?」的な
ことを聞かれました
(これは僕が素人の時も思った)

 

もちろんトリートメントとか
直接手触りに貢献してくれるメニューをすれば
当然のことなのですが

そうではなく、”カラーやパーマなどの痛む行為”をしても
手触りの良さを実感してる方って多いと思います

手触りがいいと
痛んだどころか、髪の毛が回復したとさえ思ってしまうわけですが
その感覚ってマジで危険です。。。

 

というのも、なぜ美容室で”カラーやパーマなどの痛む行為”をしたのに
手触りが良くなるかというと

超簡単な話なのですが

カラー剤やパーマ液に
手触りを良くしてくれる成分が入っているからです 笑

 

そのために
美容室に行くと特別なケアメニューとかしなくても
手触りが向上するわけですが
気をつけたいのが
そんなものは数日経てば取れちゃうし結局は痛んでいる
復活しているわけではない

ということです 苦笑

 

美容室帰りの髪の毛の手触りに騙されてはいけません

 

・ダメージレスカラー
・ツヤカラー
・イ○ミナカラー

これらをすれば痛んでない。むしろ良くなる。と錯覚するほどの
手触りになるわけですが

そんなことあるわけなくて
ダメージは蓄積されるものです

 

非常に悲しいお話ですし
美容師がこんなこと言うのもどうかと思いますが

 

美意識が高く
カラー剤にもこだわり、低刺激と謳ってるサロンの
高級カラーを1ヶ月に1度
毎日のヘアケアも美容室専売シャントリで入念に。。。
って方と

ヘアケアに鈍感で
シャントリも当然ドラッグストアのよくあるやつで
半年に1度その辺の美容室でカラーしてる人

 

間違いなく後者の方が髪の毛健康です 苦笑

 

それは当然の話ですが
カラーってのはすればするほど痛むものだからです


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です