間違いだらけ!縮毛矯正をかけた髪の毛の正しいお手入れ方法とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

くせ毛の悩みを解決してくれる縮毛矯正

初めてかかけたときなんかは感動するほどツルツルになりますし
かけるとスタイリングが楽になったり
かけないと広がって仕方がないって人もいるわけで
クセ毛にとってはなくてはならないメニューです

 

そんな縮毛矯正ですが
ダメージしまくった髪の毛に無謀にもかけたりしない限り
だいたいキレイになるわけで

そのキレイな状態をなるべくキープするためにはどんなお手入れをすれば良いのか?
気になる方も多いかと思います

 

そんな方のためにネットで検索すれば
”縮毛矯正後のケア方法”的な情報を
掲載しているサイトが多くあると思うのですが
残念ですがどれも間違いだらけです 笑

別にネット検索の上位のサイトや記事が正しい
ってわけでもないですからね

 

 

ということで今回は
縮毛矯正後の”正しいケアの方法”
みなさんに授けたいと思います

 

ちなみになんでもそうだと思うのですが
何が正しいかなんて
答えはありません 苦笑

 

最近のコロナ関連のニュースやネット記事も
言ってることはそれぞれで、どれを信じるか?!
それを決め、どう行動するかは”あなた”なわけです

 

例えば

家賃を毎月払ってるのはバカバカしい
ならば後々資産になるんだから家は買った方がいいし
仕事のモチベーションにも繋がるんだ

これからは何かを所有する時代ではなくシェアの時代だ
そもそもどんだけの資産になるかなんて素人がわかるわけないし
ローンなんて首を締めるだけ
買わない方がいい

なんて議論はあると思いますが

こんなもんに答えはないわけで
これもどうするか決めるのはあなたなわけです

 

なので、これから”正しいケアの方法”なんてのを書くわけですが
僕の言うことを聞かなきゃいけないわけではないですからね
参考程度にご覧ください

 

 

縮毛矯正をかけた髪の毛の正しいお手入れ方法とは?!

 

と言うことで
「縮毛矯正 手入れ」
ってキーワードで検索したところ
上位表示されたサイトの”矯正後のケアの仕方”がこれ

 

アフターケアのポイント6つ
・1、2日間は髪の毛を洗わない
・2〜3日間は髪の毛にクセがつくようなことは禁止
・シャンプーは弱酸性のものを使う
・痛んだ髪にはトリートメント
・くせ毛用商品は一切使用しない
・髪の毛を濡らしたらしっかり乾かしてから寝る

 

どのサイトもこんな感じのこと書いてあるわけですが
1つ1つ文句をつけていこうかと思います 笑

 

・1、2日間は髪の毛を洗わない

 

こんなことを言っている美容師、美容室は
いまだにウォークマンで音楽聞いてるくらい恥ずかしいです 苦笑

何年前のことだよって話で
現在、縮毛矯正しようが当日にシャンプーしても問題ないって
事実が確立されています

もし、洗ったことで矯正がとれてしまうようであれば
そもそもかかってないか、酸化処理、残留アルカリ除去などの
美容室でやられるべきことがしっかりとなされていなかっただけの話です

 

てか夏場に洗っちゃダメってキツくないですか?
不潔です。。。苦笑

 

・2〜3日間は髪の毛にクセがつくようなことは禁止

 

かけたら2〜3日は
縛ったり耳にかけたり禁止だよって話なのですが
これ言っちゃうやつも完全にウォークマン美容師です 笑

そもそもですが
毎日縛ってたり耳にかけてたら
縮毛矯正にかかわらずクセはつくわけで
それは矯正がとれたとかではないですし

2~3日で跡がつくようであれば
さっきのと同様、酸化処理、残留アルカリ除去不足です

 

このクソ暑い日に縛っちゃダメで汗だくになって
そして洗っちゃダメなんて拷問。。
人権侵害です 笑

 

 

・シャンプーは弱酸性のものを使う

 

縮毛矯正の薬剤はアルカリ性で健康な髪の毛は弱酸性です
なので1日でも早く弱酸性に戻すために
弱酸性のシャンプーを選んでください。とのことですが

みなさんが習慣的にその後につけるトリートメントやリンスは
弱酸性です 苦笑

 

一般的に、弱酸性のものは洗浄力が弱く
弱アルカリ性のものは洗浄力が強いと言われ
前者が優れているというニュアンスの情報サイトが多いのですが
これに関しては一長一短です

 

洗浄力が弱い=汚れが落ちにくい
ってことになりますから
そっちの方がデメリットになる場合もありますからね

そしてそもそもシャンプーのPH(酸性とかアルカリ性とか)って
気にしなくていいと思います 苦笑

 

矯正の薬剤やカラー剤なんかに比べてたら
アルカリは弱いわけだし(アルカリが悪だとしても)放置時間も違います
シャンプー何分してんの?って話です

ちなみに僕は1分程度ですけど
そんなんで髪の毛の状態がどうにかなるとは思えないです

てかなってる人見たことないです 苦笑

 

髪の毛に何か問題が起きた時ってシャンプーとかのせいにしがちですが
そんなことめったにないし
使うシャンプーは好みでいいと思います

 

美容師は教えてくれない本当のいいシャンプーとその見つけ方?!

 

・痛んだ髪にはトリートメント

 

髪の毛の痛みが気になったらトリートメントは
皆さんが思い浮かべることかと思いますが

そもそもトリートメントは
痛んだからやるのではなく
痛まないようにするためのものです

摩擦によるダメージを少なくするために
滑りを良くするためのものなわけ

 

まさかご存じかと思いますが
間違っても痛みが治ったりはしないですからね 苦笑

トリートメントすると
痛みが治ったと錯覚してしまうほど手触りは良くなるかと思いますが
ダメージレベルは変わってません

 

矯正後のケアというか
手触り良くしたい方、ダメージを予防したい方はやってください

 

意外と知らないトリートメントの『本当の効果』

 

 

・くせ毛用商品は一切使用しない

 

くせ毛がストレートになったんで使わないです 苦笑

 

余談ですが
全てとは言いませんが”○○用”ってただのマーケティングです

『みんながキレイになるシャンプー』より
『くせ毛がキレイになるシャンプー』って言った方が売れるだけです 苦笑

くせ毛用商品で
くせ毛がどうにかなることはないですからね

 

 

・髪の毛を濡らしたらしっかり乾かしてから寝る

 

これだけ賛成 笑

 

髪の毛は濡れているときに摩擦によりダメージしますからね
しっかり乾かして寝てください

矯正したしないに限らないけど。。。

 

 

ということで、なんということでしょう。。。
6つのうち5つは間違いです 苦笑

こんな間違い情報が検索上位に表示されてしまってることに
驚きなのですが
そんなこと言っても仕方ないですからね

 

これからは
矯正後の正しいお手入れ方法です

 

って言っても

なるべく痛まないようにする

 

 

これだけです 笑

 

髪の毛のダメージになるようなことはなるべく避ける

矯正後のケアをこれだけ意識してもらえれば問題ないです

 

具体的に言うと
さっきの乾かさないで寝るとか
ホームカラーとか
極端に明るいカラーとか
髪の毛乱暴に扱うとかですね

 

みなさんケアやお手入れ方法を難しく考えすぎですが
やることはそんなにないしシンプルでいいんです

シャンプーの泡パックで栄養補給
とか意味わかんないのやらなくていいんです 笑

 

冷静に考えていただきたいのですが
例えば縮毛矯正して髪の毛がキレイになりました

そしてこれをキープするためにはどうしたらいいか?って
その髪の毛の状態をキープしたらいいんですよ

なにかを足す必要なんてなくて
今の状態を保つことを考えればいいだけです

その今の状態を保つために
なるべくダメージさせないことが大切なわけです

 

縮毛矯正って基本的にかけたらとれないわけだし
なにか不具合を感じるのであれば
髪が伸びたことか、ダメージなわけですから

キレイな状態をキープするためにやるべきことは

 

なるべくダメージさせないことと
適切なタイミングで美容室に行くことぐらいです

 

 

縮毛矯正後の本当のヘアケアとは?!もちを良くしたい方必見!

縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための『鬼の鉄則』とは?!【重要記事】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です