髪の毛が多い人必見のパーマで失敗しないためのメソッド!!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

僕はパーマをかけるのもかけられるのも
好きなのですが
パーマに対してトラウマ
持っている方も多いかと思います

 

 

実際に
昔かけてひどいことになったからもう絶対にパーマはしない

なんて声も聴くわけです

 

確かにパーマに向かない髪質ってのも
ありますからね

例えば広がる髪質の方がパーマしたら
当然もっと広がるわけです

 

そしたら
おそらく思ったのとまるで違くなりますし
ただのボンバーヘッドなので
セットもうまくできず変な頭を乗っけて生活することになります

旦那さんには
「なにそれ おばさんみたい」

子供からも
「なにそれ 又吉?」

同僚からは
「え。。。あ。。イメチェンいいね~。。。」
と気を使われる始末

 

そりゃトラウマになってしまうのもうなずける。。苦笑

 

 

このようにパーマの失敗って
そもそも無理なことをした場合に起こるわけです

広がる髪質に広がりがおさまるパーマなんて無理だし
痛みきった髪の毛に理想のパーマも無理だし(チリチリパーマが理想なら別)
ロングなのにトップがふんわりするパーマも無理だし(重力でふんわりするわけない
コテで巻いたのと同じクオリティのパーマも無理です(パーマとコテは別物)

 

例えばこちらのお客様の場合

 

 

量が多くて硬い髪質(剛毛)なのですが
パーマをご希望で
仕上がりとしてはこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

 

 

毛先のみにゆるくデジタルパーマをかけていただき
結果として喜んでいただけたと思うのですが

理想としていたのはこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

 

 

肩くらいに切って
軽い感じの雰囲気のパーマです ゆるふわ

が しかし

 

量が多くて硬い髪質であるお客様が
マジでこのスタイルをやろうとしたら
トラウマ確定です 苦笑

だって無理だから

 

ただでさえ
肩くらいの長さって扱いにくいのに
剛毛タイプの方がやったらスフィンクスになるか

無理に量をけずって軽さを出して
結果毛先パッサパサ。。。 苦笑

 

 

無理ってひどいのかもしれませんし
気を悪くする人もいるかもしれませんが

無理なことを無理してやって変な頭になり
変な頭乗っけての生活なんてストレス半端ないと思うし
それでトラウマにさせちゃう方がもっとひどくないですか?

無理なもんは無理

 

プロとしてこれははっきり言うべきだと
思っております

 

パーマで失敗しないためには
無理をしない
出来る範囲のスタイルをすることが重要なのです

 

だって後々大変な思いするのはお客様ですから

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です