縮毛矯正で失敗しないために知るべき【髪の毛へのマナー】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

いきなりですけど
こちら先日のお客様のご来店時のご様子です

 

 

ご来店時ですが
「何しにきたんですか?」
「僕は何したらいいです?」
って思ってしまうほど
美容室での仕上がりのように
美しくキレイな状態です w

ツヤもあるしまとまりもありますよね

 

しかし、実は約2年前はこんな感じ

 

 

縮毛矯正後の仕上がりなんですが
ご覧の通り矯正したけど
ケバケバのバサバサのパッサパサ。。。
そしてクセの伸びもいまいちです

原因は見ればわかると思うのです
”すきすぎ”です

 

表面まですかれちゃってるので
ケバケバの短い毛が目立っちゃいますし
言い訳に聞こえるかもしれませんが
すきすぎていると
どうしてもキレイなストレートになりにくいわけです

理由は、ストレートアイロンを入れる際に
均一にテンションをかけられないとか
すいて短い毛を多く作ると
すぐに伸びてきたくせ毛の影響をウケる

など、色々あるのですが
とにかく
すきすぎるとキレイにクセが伸びないわけです

 

先日の記事でも書いたばっかですが
美しい縮毛矯正のためには
ヘアスタイルの土台であるカットってまじで大事です

アホみたいにすかれていては
”アホ毛”とはよく言ったもので
矯正してもアホ毛だらけの
アホみたいな頭になっちゃいますよ。。。苦笑

 

【意外と知らない事実】縮毛矯正はカットが大事な理由?!

 

 

で、それから約2年
すきすぎの部分がようやくなくなって
今回のこれです

 

 

どちらがキレイかは一目瞭然ではないでしょうか

2年前の仕上がりより、今回の来店時の方が
キレイという事実 苦笑

 

やっぱり1度すきすぎてしまうと
キレイな髪の毛つくるまでに「年単位」の時間が
かかってしまう場合もありますからね

縮毛矯正をかけるのなら
すきすぎにはどうか
気を付けていただきたいです。。。

てか縮毛矯正の有無に関わらず
これは基本
もはや髪の毛へのマナーです w

 

どんな薬剤だろうと、どんな美容室であろうと
すきすぎた髪の毛に
きれいな縮毛矯正は不可能だし
美しいスタイルは作れません

ツヤもでないしパッサパサ

 

髪の毛にクセがあるとボリューム出てしまいますから
髪の毛の量が多いんだって勘違いされている方
たくさんいますけど

それは量ではなく
クセの重なりでボリューム出てるだけですからね

美しくなりたければ
安易にすいて
軽くしてもらうのはやめましょう

 

ということで
何していいかわからないほど、美しいわけですが
伸びてきたところはクセが出ており
放置していては、ボリュームの原因になったり
まとまりが悪くなりますからね

 

 

縮毛矯正のリタッチさせていただきました

 

 

 

パッと見あまり変化ないですけどね 笑
ボリュームも落ちて
扱いやすくなったと思います

 

もう1度2年前と比べてみましょう

 

 

 

あなたはどちらがお好みでしょうか?


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です