美しい縮毛矯正をかけるために必要な【縮毛矯正よりも大事なこと】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

このブログで飽きるほどに
書かせていただいていることに

「縮毛矯正するのなら必要以上にすくな」

というものがあります

 

 

適切な場所に適度な量なら
問題ないのですが

(てか縮毛矯正にかぎらず
やりたい髪型が決まった時点ですく量はきまる)

量が多いからとあまりすきすぎると
縮毛矯正のクオリティも
もちも悪くなるわけです

 

クセ毛の方ってクセの重なり
ボリュームが出てしまう方が多いですからね

そのボリュームを抑えるために?
すきまくったり
根元からガッツリ髪の毛けずったりするわけですね

原因はクセなんだから
そんなことしても
たいして意味ないわけだけど w

 

そんなお客様です

 

 

 

半年前に縮毛矯正されているみたいなのですが
そろそろ根元のクセが気になってきたのと
毛先に厚みが欲しいとのことです

 

で、写真じゃわかりにくいんですけど
よく見ると毛先ペラペラだし
内側がかなりすかれております

 

そしてコレ

⇓ ⇓ ⇓

 

 

ブツッと束で短い髪の毛を発見。

そんなにダメージの感じる髪の毛でもないので
縮毛矯正による断毛ではないだろうし

コレ左右にあったんで
10円ハゲ(円形脱毛症)が
伸びてってことでもないと思うんですよね

 

ってことはおそらく”カット”

 

 

なんの意図があって短く切られているのか
わからないし

エフェクトカットとかいう
質感づくりや空間づくりに使うカットなのか?
ただの失敗なのか?
目をつぶってきったのか?
よくわかりませんが

こんな感じの短い毛は作らない方が
縮毛矯正はキレイにいきますよ?!

毛先に厚みもなくなるし。。。 苦笑

 

すきまくったり
良くわからないカットで
短い毛がたくさんあると

そいつらって短いために、生えクセ。クセ毛共に
影響受けやすくなりますから
まとまりも悪くなる

メリットとしては
乾かすのがちょっと早くなるくらいです 苦笑

 

 

乾かす時間が
モーレツにストレスなのであれば
すきまくるのが正解かと思いますが

ツヤツヤの美しい髪の毛を目指していたり
扱いやすいヘアスタイルをしたい。
スタイルのもちを良くしたい。

といった想いがあるのなら
すきまくっていいことなんて1つもありません 苦笑

 

そして厄介なのが
すきすぎの内側も、短くなってる部分も
一度短くなってしまったら
伸びるの待つしかないということです。。。

だから安易にすいてくれ。とか
軽くしてくれ。とか
言わない方がいいわけですね

 

とはいえ、もうやっちゃったもんは
仕方ありませんから
すきまくることのデメリットを知れたということで
今度から気をつけて参りましょう

 

ってことで
今回は最低限の厚みが出る程度にカット

あとは根元だけの縮毛矯正

 

 

まぁキレイにはなりましたが

毛先のケバケバはすいてあるところが
無くなってくれば
もっとキレイになってくると思います

(言い訳に聞こえるかもしれませんが
すきすぎの髪の毛への縮毛矯正は
ケバケバが残る。。。)

 

きれいな髪の毛は
1日で手に入ったりしないですからね

時間をかけて
理想の髪の毛を作っていきましょう

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です