髪の毛が【濡れているときにとかすと傷む】ってのはウソ?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

このブログで今現在
検索により最も読まれてる記事がコレです

パーマの良くある勘違い!パーマしたら髪の毛とかしちゃダメ?!

 

パーマしたら
髪の毛とかしても良いのか?

ってことで検索されて
みてくださってる方が多いようなのですが

この記事のタイトルから、すでにわかるように
その答えは『全くとかして問題ないですよ』ってことです

 

とかしたくらいでかけたパーマはとれませんから
パーマのセットの基本として
朝でも夜でも髪の毛を濡らした後に
1度クシでとかしてから乾かすことを推奨しているわけです
(絡まったまま乾かしてもキレイにセットできないから)

そんな時に

 

「髪の毛は濡れているときにとかすと痛むのではないか?」

と言ったご意見をいただくことがあるのですが
コレは美容師によっても考えが違う難しい問題。。。

 

髪の毛は濡れてる時にとかすと痛むのか?!

 

髪の毛は濡れると
キューティクルが開きます

キューティクルってのは
髪の毛の表面のもっとも手触りなんかに関わる部分

ここがはがれたりすると当然手触りは悪くなるし
髪の毛の内部のたんぱく質が流出してダメージにつながります

開くってのはこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

 

この状態での摩擦はダメージしやすい(剥がれやすい)ってのは”事実”なわけです

だから濡れているときに
とかすこと(摩擦)は良くないとされているわけですが

 

それはあくまで、無理にガシガシとかしたら
良くないだけで優しくとかすぶんには問題ない

ってのが僕の考えです

 

賛否あるとは思いますが
濡れているときにとかしたら傷む。なんて言い出したら
カットする際に基本的に濡らしてカットしますから
その時のコーミングはいいの??

って話です 笑

そんな細かいこと気にして生きていくのは
現実的ではありませんからね

あくまで無理にとかすようなことをすると
傷むって考えでいいと思います

 

むしろとかした方が
毛先が絡まりながら乾かすより
仕上がりはきれいになりますしね

 

 

カットとカラーでご来店のお客様

⇓ ⇓ ⇓

 

約4カ月前にパーマさせていただいてますが

お風呂上りは
なんかパーマがとれちゃう気がして
パーマの手前までとかしていたみたいです

 

 

こういった方も少なくないと思いますし
なんなら美容師によってはそんな案内があるかと思いますが
全部とかしちゃってくださいね?!

 

もし とかすことで
パーマがとれるのであれば前記したように

無理にとかしたことによるダメージが原因です

とかす行為でパーマが
とれるようなことはまずないです

 

ってことで
今回はカラーとカットで

一応仕上がりはこんな感じです

 

 

パーマは4ヶ月前ですけど
まだまだ良い感じ

お風呂位上がりは
パーマの落ちもダメージも気にすることなく
とかしちゃってくださいね

 

しかしあくまで優しく

粗めのくしがいいですね

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です