知らないと後悔する?!パーマで失敗しないための基礎知識

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

今日はさっそく施術例です

 

 

 

ご覧の通り
痛みも少ないキレイな髪の毛の方なのですが
少し重たい雰囲気が気になるとのことで
動きのあるスタイルをご希望です

コテで巻いたりは苦手なようで
パーマで動きを再現できたらなってことで
パーマさせていただいてこんな感じです

 

 

 

 

プルンプルンにキレイにかかりました

ねじって乾かして
ほぐしたらこんな感じになると思うので
セットも特別難しくないと思います

自分で言うのも何ですけど
画像で見る以上にキレイにかかってます

美しい。。。

 

 

と、自慢したい気持ちはまるでなく(まるでは嘘かもしれない)
美容の技術ってやっぱり素材次第だよね〜って
身も蓋もないことを思ってしまったわけです 苦笑

 

というのも
やっぱりパーマをかける前の状態が
キレイなんですよね。。。

 

 

髪質もそうですが
何より痛みが少ない髪の毛は
キレイなパーマがかかりやすいです

 

ぶっちゃけ言ってしまうと

ダメージが強い髪の毛に1流美容師がパーマ
ダメージが少ない髪の毛に普通の美容師がパーマ

 

この場合、後者の方が美しいスタイルになれること間違いなしです 苦笑
(どヘタクソは除く)

 

美容師という技術職において
悲しい現実ではありますが
やはり素材があってこその美しいスタイルなのです

 

ちなみに今回の素材ってのは髪質などの
生まれ持ったものではなく
痛みなどの髪の毛の状態のことです

ウネウネの広がりまくる一般的にキレイに見えない髪質だったとしても
髪の毛の状態さえよければ
縮毛矯正かけてサラサラヘアー作れますからね

しかし
ホームカラーや過度なカラーの繰り返し
雑な髪の毛の扱いなどをしていると
キレイに矯正かかんないし、もしかしたらさらに爆発する可能性もあるわけです

 

 

正直言ってしまうと
素材と美容師の腕でいったら
7:3らいで
素材の方が大事だったりします 笑
(もしかしたらそれ以上)

 

 

 

どんなに一流の腕をもっていたとしても

スーパーダメージ毛では
素敵なヘアスタイルは作れないけれど

 

ダメージの少ないキレイな素材であれば
よほどのポンコツ美容師でさえなければ
変な頭になることはないですからね

 

そのくらいヘアケアってのは大事なわけです

 

 

にもかかわらずにですね
「上手な美容室ないかしら?」って探すんですよね。。。

 

素敵なヘアスタイルを
つくるのに都内の有名美容室に行くのもいいですけど
それ以上に
ヘアケアが大事ってことも忘れないでくださいね

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です