【乾かすの大変だから軽くして】は【変な頭にして】ってのと同じって話

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

皆さんはどちらがいいでしょう?

・楽できる変な頭
・少し手間だけど美しいヘアスタイル

 

大体の方が後者かと思いますし
前者の方はこんな美容師のブログ読んでないと思いますけど
どうせなら皆楽したいわけです

 

なので「乾かすのが大変だから軽くしてください すいてください」

ってことを言っちゃうのだと思うのですが
その言葉を真に受けてしまう
とってもピュアだかバカだかわからない
美容師に当たると、だいたいこんな頭になるわけです

 

 

 

前回パーマをかけたらしいのですが
申し訳ない。。。正直、変な頭です

なにが変かって、見ればわかるのですが
パーマも出てないし毛先がスカスカなわけです

たぶん、これを切った美容師の頭の中も同じくらいスカスカです 笑

 

もしお客様が「変な頭でもいいからとにかく楽にしてくれ」
ってオーダーをしていたなら
こうなっても仕方ないと思うのですが
そんな人はそもそも1000円カット行くか自分で切ったりしてると思うんですよね

 

もちろんお客様って髪の毛の素人なわけだから
「軽くしたいからすいてくれ」って
言うのもわかるのですが

プロってのは「間違いを正す存在」であるべきだと思うんですよね

 

ラーメン屋に来たお客さんが
麺がブヨブヨに伸びようとスープが冷めるまで待っているのに
何も言わないのって
プロと言えるのでしょうか?それはただの無関心。。。

 

美しいヘアスタイルをしたいのであれば
ドライヤーが多少大変でも
適切な量を残しておかないと変な頭になりますよ

美しさを手に入れるためには
多少の努力は必要だ

ってことを伝えるべきだと思うんですよね

 

なぜならそれが正しくて
残念ですが
髪の毛必要以上にスカスカに軽くして、早く乾いて、何もしなくてよくて、美しいヘアスタイル
なんて夢のような話ないんですよ。。。

 

「乾かすの大変だから軽くしてください」って
「変な頭にしてください」って言ってるのと変わらないですからね 笑

 

いつも言ってることですが
髪の毛の量なんてのは好みで調節するもんじゃないし
早く乾くように調節するもんでもないです

やりたいスタイル(美しいスタイル)が
決まった時点で減らす量は決まるものだし

美しいスタイルするためには
多少の努力が必要です

 

何も毎日30分かけてスタイリングしろ
って言ってるわけじゃないんだから
多少ドライヤーが大変でも頑張ってほしいのです

 

 

 

 

スカスカ部分を除去

正しくカットとスタイリングしたら
パーマ出てきました

これで重たく感じる

ってことであれば
これがあなたの髪の毛で出来る美しさを重視したスタイルなので
頑張って乾かしてくださいってことです

もしくは、短くしちゃえば乾くの早いですけどね 苦笑

 

美しいヘアスタイルをしたいのであれば
多少の手間はご理解ください

それか変な頭になってください 笑

 

意地悪に聞こえるかもしれませんが
僕はこうなってほしくないので。。。

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です