【マジでこれしかない!】パーマの嫌な匂いを少なくする方法!!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

生きていれば
リビングのソファーで寝てしまった
なんてことはたまにあることですよね?

ないのであれば
真剣に考えなくてはならないのかもしれませんが
僕は良くあります 苦笑

というのも、先日もいつものように
ソファーでウトウトしていたわけですが
なにか違和感。。。

 

 

ん??
なにか匂うぞ?
なんだこの匂いは??
絶対に変な匂いがする。。
ソファーからか?

 

まぁいいか。。。
と睡魔に負けそのままソファーで就寝 笑

 

 

そして朝を迎え、妻に問う

「なんかこのソファー匂わない??」

 

すると妻が

「子供(2歳)が
ソファーでおしっこしちゃったんだよね。。。」

 

 

 

「ファブリーズしといたんだけどね。。。」

 

 

そんなんで
おしっこの匂いがとれるわけねーだろ!!!!

子供のとはいえ
おしっこの上で寝たのは初めての経験です 笑

 

という、どうでもいい話から始まるブログなのですが

パーマの匂いも
なかなかとれないことありますよね。。。苦笑

 

 

 

 

個人差はあると思いますが
シャンプーをいくらしても
人によっては1~2週間とれなかったり。。。

 

まぁあまりいい匂いではないですから
なるべく早く取れたほうがいいですよね

 

パーマの嫌な匂いを少なくする方法!!

パーマの匂いが残る理由

 

まずパーマの匂いが残る理由ですが

簡単に説明すると
パーマ液が髪の毛に作用してる時に匂いの元となる生成物
作られるんですけど、そいつが髪の毛に残留
(これはパーマかけてたら
当然の化学反応な訳で、残留するのもどーしようもないことです)

 

その残留をなくすのにできることって

パーマは還元 酸化の
化学反応を利用してかかるわけなのですが
その際の酸化をしっかりさせてあげることで
そんなの劣悪な美容室以外どこでもやってることです

 

パーマかけたその日に
美容師ができることはたかがしれてるわけです

ってことで

 

自宅でできるパーマの匂いを少なくする方法!

1.なにか香りをつけて誤魔化す 笑

流さないトリートメントとか
香りの強いものも
結構ありますからね

それで匂いを誤魔化す方法です

おしっこにファブリーズと同じ考え 苦笑

 

2.カラーをする

カラーをすることで
前記した匂いの元の生成物を多少分解できることができます

しかしパーマ後すぐのカラーは
パーマのダレやダメージにつながるので
1~2週間間をあける必要があります

あと「自宅でできる~」
って書いたけどホームカラーは絶対ダメ!!笑

 

 

3.アイロンやコテを使う

高温のアイロンなどを使うことでも
例の匂いの元を分解が多少ですが可能です

コテで高温をあてて
1度巻き髪にしてみてください

やりすぎると
匂いは取れるかもしれませんが
ダメージって新たな悩みが生まれます 苦笑

 

以上が
パーマの匂いを少なくする方法

 

何か頼りない方法ばかりだし
実際の所、完璧に匂いを消すってのは難しいです

しかしできることってこれしかないので
パーマかける事による
必要経費とご理解ください。。。苦笑

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です