縮毛矯正がかかった髪を短く切りたくなったら【このタイミングで切れ?!】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて本日はタイトルの通り
”縮毛矯正がかかった髪を短く切るべきタイミング”
をお伝えしたいと思うのですが

まず初めに言いたいのが
ロングでいた方が無難。ということです 苦笑

 

気持ちはわかりますよ?

長いとドライヤーは大変だし
飽きてくるのもあるでしょう

または年齢的にロングってどーなの?
って意見を聞くことも非常に多い

なので短く切っちゃいたい
お気持ちはわかるのですが

切る前に1度、検討していただきたいのが
以下のようなこと

・ダイソンのドライヤー買ってください?

・毛先を巻くなりアレンジして
長いなりの色んなスタイル楽しんでください?

・別に年取ったらロングは痛い
なんてのは他人が勝手に決めた価値観ですから
そんなのに従う必要なくないですか?

これで解決ですから w

 

それでも尚、短くしたいという想いを
お持ちなのであれば
僕が止める権利は一切ありませんし
どうしても。というなら全力でお手伝いしましょう

とはいえ
縮毛矯正がかかった髪の毛を短くすると
とんでもないことになる可能性がある
という物理ベースの事実がございますから

せめてタイミングは間違いないでいただきたい

ということで本日の記事となります

 

縮毛矯正がかかった髪を短く切りたくなったら
【このタイミングで切れ?!】

 

・クセの影響を大いに受けてまとまらない
・毛先が不自然なストレート

気をつけていただきたいのがこの2点

 

クセの影響を大いに受けてまとまらない

長い状態と短い状態では
短い方が根元のクセ毛の割合が大きくなるわけで
要するにクセ毛の影響を受けやすくなる=まとまらない
ということはご理解いただけるでしょう

または、縮毛矯正の有無にかかわらず
長いことによる髪の毛の重たさによって
落ち着いていたのに
考えなしに短く切ってボンバーヘッド
ってのはあるあるです 苦笑

 

・クセの割合が大きくなる
・重たさの放棄

縮毛矯正かけてる人が短く切ると
この2つの理由によって
まとまらなくなる可能性がちょー高いわけですよ

そしてこれらはカットの技術で
どうにかできるものではありません

 

スタイリング上級者なら
ヘアアイロンなどを駆使して
まとめられるとは思いますが
そうでないなら短くするのはやっぱ危険。。。

 

毛先が不自然なストレート

前回いくら毛先が自然になるように
縮毛矯正かけてもらったとしても
こーなるのが短く切る選択をした方の宿命

 

 

このままでは変ですから
これまたアイロンを使ってゴリゴリに
スタイリングできるなら良いのですが
それが無理なら

その変な頭でお過ごしください

という残念なことをお伝えせねばなりません 苦笑

 

これもカットで
どーこーできる問題じゃないですからね。。。

 

じゃあどうしたらいいねん?!
という話になるのですが

当然、縮毛矯正をかけてください

ということになります

 

さらっと答えを言ってしまいましたが
縮毛矯正をかけてる人が
短く切る時のタイミングは

”また縮毛矯正をかける時”

ということでございます

縮毛矯正をやめていくなら話は別だけど

 

 

クセの割合が大きくなろうと
矯正すれば1撃だし

毛先の不自然さも
再度、ナチュラルになるよう
かけ直せば良いだけですからね
(痛みが強いと無理だけど。。。)

 

というのも

縮毛矯正をかけている方が
短く切るつもりで”カットのみ”
ご予約をたまにいただくわけですが

カットだけじゃやばい頭になっちゃうよ。。。
予約枠的、営業時間的に縮毛矯正もできないよ。。。

ってことになり

やばい頭を目指してカットをする
という良くわからない状況 w

または
さすがにやばい頭にするわけにもいかないので
結局長さキープという
切りたかったお客様にとっては
不本意な仕上がりに。。。

ってことが良くあるわけですよ 苦笑

(美容師は共感してくれると思う)

 

しかしお客様からしたら
そんなの知らねーよ!
とのことと思いますから
こんな記事を書いているわけですが

なんにせよ短く切るときは
事前に相談することをオススメいたします

 

変な頭になってからでは
手遅れってことも少なくないので。。。

【縮毛矯正してる髪を短く切る前に読め?!】毛先ツンツンにならずに自然な縮毛矯正を保つ方法?!

切る前に読め!縮毛矯正してる髪の毛を短く切る場合の注意点【まとめ】

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です