詐欺ストレートパーマでゴワゴワ?なお客様【修正施術例】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

やはり人には”合う合わない”
というものがあるもので

美容のことでいうと
シャンプーやトリートメントなどが
代表的なものでしょう

 

 

ゴワゴワになっちゃったよ。。。なんて
あなたが思うクソシャンプーって
今までにいくつかあったと思うのですが

今もそれが販売されているということは
それなりに売上がたつということであり
ってことは、それを気に入って
ありがたく使っている人が一定数いるわけですね

 

僕も髪の毛にコンプレックスを
抱えてきた人間でありますから
今まで様々なシャンプーを試してきましたが

「これを使ったらもう他のは使えない」
と言われたりしちゃう
芸能人御用達の美容室の
オリジナルシャンプーなどの高価なものでも

なにこれ?
値段が10倍ほど違うけど
ラックスとなにが違うの?

他のは使えないどころか
これをもう使いたくないんだけど。。。

ってものもありました 苦笑

 

 

もちろんこの”合う合わない”

モノだけではなく
人間関係や物事の考え方などにも
よくお見受けすることでしょう

 

何が言いたいねん?
ということなのですが
”先日いらしたお客様の髪の毛”

それを作った美容師の方の考え方
僕とはまるで違うモノだったのです。。。

 

なのでこれからその美容師さんのことを
意味不明と非難するわけですが

あくまで考え方、価値観が違ういうことであり
ディスりたいわけでも否定したいわけでもない

ということをご理解ください w

美容の技術に正解なんてないのです

僕の考えが意味不明と感じる人もいるかと思うので
その場合はぜひ非難してください w

 

 

 

さてコチラの方

ここ最近クセが目立つようになり
ストレートパーマをかけていたようなのですが

今回は初めての縮毛矯正をかけようと
ブログ見てご来店いただきました

 

しかしながら、お客様の髪を見て
ちょっと違和感を感じたので
お話をよくうかがってみると

これまでかけてきたストレートパーマ。

薬剤を塗布→流し→乾かす→ストレートアイロン
→もう1度薬剤塗布→流して仕上げ

といった工程のようだったのですが
それって縮毛矯正やん。苦笑

 

 

一般的にストレートパーマってのは
薬剤のみでクセを伸ばしていくモノ。
(たいして伸びないのであまりやる事ない)

縮毛矯正は薬剤と高温の熱(アイロン)を使って
クセを伸ばしていくモノ。とされております

 

もちろん明確な定義も
全国共通のルールみたいなものもないので
そのお店が「ウチのストレートパーマはコレです」
って言ったらそれまでなのですが

ご自身の頭にされているのが
縮毛矯正という認識がないお客さまに
縮毛矯正をかけるのはどうかと思うわけですよ。。。

 

 

誰もが欲する美しい髪の毛のためは
”これまで何をしてきたか?”
といった施術履歴により
今後の方針が変わってくることもあるわけだし

ご自身が何をされたか知ることは
ちょー重要なわけですよ
(美容室を何らかの理由で
変えた時に履歴を伝えなくちゃいけないので)

 

それを良く知らせずにやっちゃうのって
個人的には意味不明

てか憤慨。。。

だって詐欺やん 苦笑

 

 

最近流行りの”髪質改善”なんかも
その中身は美容室ごとに違っていて
フツーの縮毛矯正だったりしますから
注意してください

やる際にはその施術はどーいったものか
よーく聞くことをオススメします

そのときに
「痛まずにクセが伸びる」
とか言ってたら詐欺確定?w

 

【閲覧注意だけど必読?!】髪質改善の正体を暴露します

 

というのはさておき
(さておけないわけだけど)

お客様のお悩みをうかがうと
クセが気になるということと

いつもその美容室に行くと

・動きが出ない
・重たい感じなってしまう

とのことでした

 

ってことで
遠慮なくその原因を言わせていただきますと
そーゆー髪型だからであります 苦笑

チゲ鍋食べて
なんで辛いんだろう?って言われても
それはチゲ鍋だからでありますよ

 

 

お客様の髪型は
ご覧の通りボブなわけですが

ボブってそもそもが
動きの出にくいまとまりの良い髪型。

そして段差があまりつきませんから
重たい印象になるわけです

 

 

なので、動きや軽さを出したいという
お客様にたいして
ボブを作るのは僕的には理解に苦しむし。。。

 

万が一”ボブが似合う”との考えであっても

似合う似合わないなんかは
結局は主観が全てだし
造形学的バランスで考えても
ボブじゃなきゃダメな理由が思い当たらない

 

そして、そのボブの特徴である
動きの無さや重さを解消するためなのか
わからないけども

前回の美容師さんは髪の内側を
かなりアグレッシブにすいているようで
スッカスカでパッサパサ。。。

手触りもゴワゴワ

 

実際にはそこまで痛みは強くないのに
痛んでいるように見えてしまっております。。。

残念ですけど、すきまくったところで
触ったときの軽さを感じるだけで
ヘアスタイル自体は軽くならないわけですよ

だってそーゆー髪型なので 苦笑

 

そこに無理に動きを作ったり軽さを出そうと
そんなことしてもパサつくし
よくわかんない髪型になるだけ。。。

 

辛さが売りのチゲ鍋に
辛いからといって、砂糖を大量投入したら
変な鍋になるのと同じでしょう
(やったことないけど w)

 

ということで今回
お客様の要望やライフスタイル。
そして髪質などを加味した僕の結論は

軽さをだすために
少し段差をつけて縮毛矯正。

とはいえ段差をつけすぎると
今度は縮毛矯正のもちが悪くなったり

そもそも段差の大きく入ったヘアスタイルは
縮毛矯正と相性が良いかといったら
そんなことはありませんので入れすぎには要注意

軽く流れが出る程度の
切らせていただきました

 

 

縮毛矯正は少しナチャラルになるように
ゆるめのかけ具合。

毛先スカスカだったので
多少パサつきは残ってしまいましたが
軽い印象になりました

 

 

お客様には喜んでいただけましたし
おそらくどちらが美しいかは明白かと思いますが
もちろんこれが正解ってわけではございません

あくまで僕が思うベストな選択なわけですから
ぜひコメント欄にて

あなたのご意見(非難)を受け付けております w

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です