【閲覧注意だけど必読?!】髪質改善の正体を暴露します

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

髪質改善をしたら
バサバサになっちゃいました。。。

これはネット上でもよく見かけるし
実際に僕のところにも
そんな声が届くわけですが

髪質改善なのに髪質が改善されるどころか
バサバサになるってどーゆーことやねん?!

と、疑問に思われている方も多いことでしょう

実は先日もそんな方がいらっしゃったばかりですし
今現在、髪質改善してその結果に
違う意味で驚いている方も少なくないと思うのです

 

ということで今回はそんな方を救うべく
髪質改善の正体と
髪質改善したらバサバサになっちゃう理由
解説していきたいと思います

 

もしかしたら?あまりの衝撃的事実
泡を噴いて倒れてしまう方も
いらっしゃるかもしれませんので
注意してお読みください 苦笑

 

 

【閲覧注意だけど必読?!】髪質改善の正体を暴露

まずはじめに押さえておきたい泡吹きポイントは
髪質改善は美容室ごとにやってることは違う
ということ

髪質改善って全国、共通認識の
技術があるわけではなくて
”髪質が改善されたと感じるもの全般”
のことを言うのです 苦笑

 

ぶっちゃけ髪質がなんか良くなったと
感じればなんでもいいんですよ

”髪質改善カラー”とか
言い出してるところもあるし w

 

わかりやすく例えると「サラダ」

 

・小エビのカクテルサラダ
・スパサラ

どちらも一応サラダだけどまるで別物

小エビのカクテルサラダは
みんな大好きサイゼリアの
ミラノ風ドリアに次ぐ看板メニューだけど

スパサラは、
サラダというかスパゲティ

上の写真は、著作権フリーサイトにて
”サラダ”で検索した画像だけど
サラダというかカニでしょう w

 

髪質改善も店によって
このくらい違うわけですが
とはいえ大きく分けると2つです

・トリートメント
・パーマ液にトリートメント混ぜたもの

それぞれ詳しく見ていきましょう

 

トリートメント

これはどこの美容室でもやってるであろう
皆さんのイメージ通りの
サロントリートメントです

 

 

“髪の内部に栄養成分なるものを
浸透させて、それが出ないように
表面をコーティング”

これが大雑把なトリートメントの仕組みで
それによりツヤがでたりハリコシが出たり
手触りが良くなったりするわけですね

 

その栄養成分の種類や配合
または手法を少し変えて差別化をはかり
それぞれの美容室で独自性として売り出すわけですが

“栄養を入れてコーティング”
って事には変わりありません

 

 

そして
どんなに良いトリートメントであっても
シャンプーしていればコーティングが剥がれ
入れた栄養成分は流れ出ちゃいますから
ずっと効果の続くようなものではありません

最初は良かったけど1,2週間したら
いつのも手触りにもどっちゃったよ。
なんて経験したことある方も多いでしょう

 

なので当然、痛みが治ったりすることは
ないわけですね

やってることは補修というか
コーティングによるダメージの誤魔化し
なわけですから。。。
(それが悪いのではなくトリートメントってのはそーゆーもん)

 

 

もしあなたがどこかの美容室で
髪質改善をしたのに
あまり効果を感じなかったという感想を
お持ちなのであれば

おそらくそれは
この普通のトリートメントだったからでしょう 苦笑

 

だってトリートメントなんだもの
髪質が変わるわけもないし
変わったと感じたとしても数週間。。。

 

パーマ液にトリートメント混ぜたやつ

髪質改善したらバサバサになっちゃったよ
っ人はこっちですね

パーマ液にトリートメント混ぜたやつってのは
酸熱トリートメントだったり
弱い縮毛矯正だったりするやつで

要は、薬剤の力(化学反応)または熱を使って
髪の状態を良くしようってものでございます

 

 

効果としてはパーマ液が入ってるんだから
還元・酸化という化学反応で
髪の毛の構造変えれますから

クセが落ち着いて広がりがおさまったり
クセが伸びてツヤがでたり
トリートメントよりも
明らかな変化を感じることができるでしょう

 

ここで察しのいい人は
ある疑問を持たれたかと思いますが

それは
「パーマ液なのであれば痛むんじゃねーの?」

という事です

そしてそれはまさにその通りで
パーマ液が入ってるんだから
痛むに決まってるわけですよ 苦笑

 

これが髪質改善したのにバサバサになっちゃった
の原因であり

パーマ液が入ったトリートメントを
繰り返しやっちゃったり
もともと痛みの強い髪の毛に
そんなの使ってバサバサになって
白目むかれても、そりゃそーだよね。。。

という話なのです 苦笑

 

 

もちろんガッツリした縮毛矯正なんかより
弱い薬剤でしょうから
クセがしっかり伸びることはない反面

一瞬でボロボロになってしまったりすることは
ないかと思います

しかし、こーゆーのはチリつもですよ

 

 

「繰り返すほどに良くなる」

これは美容室でよく見かける
宣伝文句ですが
ただの囲い込み戦略ですから
真に受けてはいけません 苦笑

 

個人的には髪質の改善を促すために
パーマ液が入ったトリートメントするのは
別にいいと思うんですよ

僕だって弱めの縮毛矯正やることあるし
てかやらなきゃ。。。
普通のトリートメントに頼っても
ツヤでたりしないですよ?!
ってこともありますからね

 

しかし消費者側にも
少なからず痛みのあることをされている
という認識は必要でしょうよ
って思うわけです

まるでダメージなしに
髪質が改善されることは
あり得ないわけですから。。。

 

ということで髪質改善は

・トリートメント
(ダメージはないけど効果は薄い)

・パーマ液にトリートメント混ぜたもの
(ダメージはあるけど効果が高い)

の、どちらかだよ
ということを暴露させていただきました

 

で、あたなはこの2つのどちらが
合っているか?
ということを髪質改善をする前に
考えていただきたい

または髪質改善の中身を
ちゃんと説明してくれる美容室に行ってください

 

どっちも悪いもんではありませんが
認識が間違っていたり
目的とは違う方を選んでしまっては
悪者でしかありませんからね 苦笑

 

だから髪質改善して
なんでバサバサになってんねん!?
って感じる被害者が多いわけで。。。

どうかお気をつけて

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です