縮毛矯正のカウンセリングで【美容師に言ってはイケない超危険ワード】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正をお考えの方に
今回は美容師に絶対に言ってはいけない
”危険ワードたち”
お伝えしたいと思います

もしかしたら言っちゃったこと
ある方もいるかもしれませんが
この記事を読んだら
もう一生言わないように誓ってください 苦笑

とんでもない頭になる前に。。。

 

縮毛矯正のカウンセリングで【美容師に言ってはイケない超危険ワード】

 

ということでさっそく
言ってはいけない危険ワードらをお伝えしましょう

縮毛矯正で

・分け目を変えてください
・割れるのを割れないようにしてください
・こっちに流れちゃうのを流れないようにしてください

これらを言っちゃうと
いつの日かとんでもない頭になる可能性があるので
どうか気をつけていただきたい

 

というのも

分け目。割れ。流れ。
これらの原因ってクセ毛というか
”生えグセが原因”なわけですよ

 

 

頭皮の中の毛根の向きにより(生えている方向)
分け目。割れ。流れ。は決まるわけですから
生えているクセ毛を
ストレートにする技術である縮毛矯正では
それらをどーにかするのは不可能なわけです

 

冷静に考えて欲しいんですが
毛根をアイロンではさめますか?という話

 

もしそれらの原因が生えグセではなく
頭皮付近の髪のクセによるものだとしても
(基本ないけど)

縮毛矯正って
頭皮から1センチ程度は離して薬剤をつけるのが
料理人の料理する前の手洗いくらいの基本ですから
(理由は後述)
そもそも根元付近に薬剤が作用することはないのです
(頭皮から1センチは矯正かからないってこと)

 

しかし、中にはいるんですよ。。。
料理する前に手を洗わない奴が 苦笑

 

このご時世、手を洗うのなんて
一般人でも当たり前なのに
料理人が洗わないとは、なんとけしからん w

 

要するに、変な美容師にあたると
分け目。割れ。流れ。
これらをどうにかしてくれとのオーダーに
(不可能なのに)笑顔でかしこまりました♪
とか言っちゃって
頭皮に薬剤ベタベタつけてくれちゃうわけです

 

しかし、つけたところで
基本的に原因は毛根なわけですから
分け目。割れ。流れ。の悩みは解決されないし
むしろとんでもない頭になるのです

 

さっき言いましたけど、縮毛矯正において
頭皮から1センチ程度離して薬剤を塗るのは
基本中の基本なわけですが
それはとんでもない頭を避けるためであり

頭皮に薬剤つけちゃうと
こーなるからです

 

 

根元からポキって折れちゃってるのが
確認できると思いますが
これってとんでもないですよね 苦笑

ちなみにこうなったら
放っておいても治らないし
下手したら折れてるところで
切れちゃったりします

『そうならないために』
頭皮から1センチ程度離して塗るのですよ

 

それを親切心か知りませんけど
毛根の向きが原因であることを
縮毛矯正で無理やりどうにかしようとするのは
暴挙でしかありません。。。

 

ということで

縮毛矯正で

・分け目を変えてください
・割れるのを割れないようにしてください
・こっちに流れちゃうのを流れないようにしてください

これらは絶対に言ってはいけない
危険ワードなわけです
(これ以外にも毛根の向きが原因であることならなんでも)

 

もちろん普通の美容師であれば
生えグセによるものは
縮毛矯正ではどーにもできないですよ
と教えてくれると思うのですが

普通じゃない方もいらっしゃいますからね 苦笑
(いなかったら根元から折れたりしない)

 

とんでもない頭にならないためにも
素人の方でも
身につけておくべき知識かと思いますので
危険ワードをご紹介させていただきました

 

縮毛矯正でできるのは
生えているクセ毛をストレートにすることだけです

 

縮毛矯正でヤバい頭にならないための必須の教養【失敗回避の基礎知識】

縮毛矯正の大失敗【根元付近が折れてる】のレスキュー施術例

縮毛矯正の失敗【根折れ】の修正と変な頭にならない為に必要なこと

縮毛矯正失敗【根折れ】根元がカクって折れてるのは10000%美容師の過失です

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。