縮毛矯正でヤバい頭にならないための必須の教養【失敗回避の基礎知識】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

今日は縮毛矯正をする際に
美容室で気をつけていただきたいことを
1つお伝えしたいと思います

縮毛矯正ってのは
クセ毛のストレスから解放してくれる
唯一無二と言っていいほどの便利な技術なのですが

下手したら
まともなアスタイルをできずに
数年間を棒に振ることも出来る技術ですからね 苦笑

代表的なものが矯正の失敗による
ビビり毛って言われる
チリチリ頭。。

 

 

ダメージが強い状態にもかかわらず
無理の矯正(またはデジパー)すると
髪が薬剤や熱に耐えられず崩壊し、結果チリチリ。。。

チリチリになった部分は
もうどうしようもありませんから
切って伸びるのを待つしかない。

クセ毛で広がりまくる以上にストレス & 数年間棒に振るということです

 

でも実際は、とんでもないアホ美容師でない限り
どんな髪の毛にかけたらビビり毛になるかってのは
わかってきてますし、アイロンやコテなどの
自宅で使える美容機器の普及もあり
そもそもパーマの需要自体も減ってきてますから

そのチリチリの失敗される方も一時期に比べたら
だいぶ少なくなってきている印象です
(ないわけじゃないので気をつける必要はあるけど)

 

しかし、そのビビり毛に匹敵する
イヤ。。。もしかしたらそれ以上にヤバい”ある失敗”
存在するのですが
その失敗はいまだによく見かけるわけで

その失敗をされないために
今日の知識は縮毛矯正をしてる方
これからしたい方にとっては
知っておくべき必須の教養となっております

 

縮毛矯正に解決不可能なことを求めるな?!

ということで
さっそく気を付けていただきたいことを
お伝えすると

縮毛矯正において

・ここのクセが気になるんです
・ここが広がるんです
・乾かすだけでなんとかスタイルになるようにしたい

などの髪の毛の症状、またはどーなりたいか
を伝えることは非常に大切かと思うし
伝えてなんにも問題ないのですが

 

・ぱっくり割れちゃうんです
・こっちに(逆に)流れるようにしたいです
・分け目を変えたいです

これらのような、クセ毛というか
”生えクセが原因のもの”

これらを縮毛矯正にて
解決を求めようとするのをやめましょう
ということです

 

知らなかったら仕方ないのですが(今日知れてラッキー)
ぱっくりの割れや流れる向き。分け目は
生えグセといって髪の毛が生えている向き
(毛根の向き)によるものなわけですから

クセ毛を伸ばすという技術である縮毛矯正が
生えグセをどーにかなんてできるわけありません 苦笑

 

なぜなら
縮毛矯正の薬剤は生えてるクセ毛にしか作用しないし
てか矯正のクスリって頭皮につけたりしないですから
毛根の向きを変えられるわけないのですよ。。。

むしろ、前髪が割れるんですけど
矯正でどーにかしてくださいとか言っちゃうと
美容師も親切なんだか不親切なんだか知りませんが
根元から頑張って矯正かけたりするわけです。。。

しかし当然割れがなくなるわけもなく
逆にとんでもない頭になる可能性があるわけです
(なので必須の教養)

 

縮毛矯正のとんでもない失敗『根折れ』とは?

根元から頑張ってかけちゃうと
どーなるかのですが
『根折れ』というヤバい状態になります

こんなの

 

 

素人が見ても、やばいのが伝わると思うのですが
下手すりゃこれ折れてる部分で
全部切れちゃいますからね。。。苦笑
(ってことはほぼボーズ)

これは本来、矯正というのは頭皮から1センチ~離して
薬剤をつけるべき技術なのですが
生えグセをどーにかしようと
無理に頭皮付近から薬剤付けるからここーなるわけ

 

なので
生えグセをどーにかしようと無理なことをすると
こんなことになる可能性があるわけですから

僕は”生えクセが原因のもの”は縮毛矯正に
解決策を求めるな
と声を大にしてお伝えしたい

 

もちろん美容師が無理ですと
生えグセはどーにもできませんと
お伝えするべきなのですが

接客業ゆえに
お客様の要望通りにしなくてはならないと
無理をする美容師も多くいるものです。。。
(要望通りになんないんだけど w)

 

なので自衛の意味でも
縮毛矯正をするときには

・ぱっくり割れちゃうんです
・こっちに(逆に)流れるようにしたいです
・分け目を変えたいです

こんなことは言わないようにしましょうね

てか矯正するときってか
生えグセをどーにかできる技術自体ないわけですが 苦笑

 

前髪の割れとトップの分け目を変えたい人に伝えたいショッキングな事実!

縮毛矯正の大失敗【根元付近が折れてる】のレスキュー施術例


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です