ハネるから縮毛矯正をすると【後悔しかない?!】理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「縮毛矯正したのにハネるんです」

そんなお悩みをうかがうことも
実際によくあることだし
例えばこちらの記事

縮毛矯正してもハネるのは治らない?!【知らないと損する髪の毛の常識】

非常に人気のある記事でして
多くの方に読んでいただけてるようなのですが

どうやら『縮毛矯正したのにハネる』

といった感じの検索で
ひっかかり見ていただけてるようですね

 

実際にそんなお悩みをおっしゃる方にも
上の記事でもお伝えしてるのは
そもそも縮毛矯正は
ハネるのをどーにかする技術ではないですよ

ってことです 苦笑

 

これをいうと驚く方もいるのですが
縮毛矯正ってただクセを真っ直ぐにするだけの技術
ハネを治す技術ではありません

てか髪の毛がハネる理由なんて
腐るほどあるわけですよ。。。

 

・クセ毛
・スタイリングしない(寝癖)
・ハネる長さ(肩くらい)
・生え癖(毛根の向き)
・意味不明なカット(すきすぎとか)

などなど、腐るほどはありませんでしたが
縮毛矯正で対応可能なのは
”クセ毛”の場合だけで、それ以外でハネてるなら
矯正しようがハネがおさまることはほぼないです

例えば肩くらいの長さでハネてるんなら
解決策は、肩に当たらない長さにするか
全てをねじ伏せるスタイリングテクニックを身につけるか
肩をなくすか
くらいなもんですよ。。。

 

ケーススタディ

 

 

髪の毛が広がって
何してもまとまらないご様子ですが
見事なまでにハネていただいております

この場合、広がりを無くし
扱いやすくするためには
縮毛矯正が最も手っ取り早いと思うし
お客様もそれを希望されていたので
縮毛矯正かけさせていただくのですが

ハネるのが治るかといったら
そんなことはないわけです。。。

これを理解せずに
縮毛矯正したのにハネるっておっしゃる方が
非常に多いわけですが
残念ですが縮毛矯正で解決できるのはクセのみです

 

なのでお客様の場合も
ハネる原因はクセもなくはありませんが
肩につく長さがハネる大きな要素ですから
クセがストレートになったところで
肩につくという事実は変わりません=ハネる
ってわけ

とはいえクセがおさまれば
スタイリングしやすくなりますから
何もしないよりは扱いやすくなると思いますけどね

 

 

 

乾かしただけですが
なんともお美しい。。。

伸ばしてるようでしたので
毛先は整える程度ですが
広がりもおさまりハネるのも治りました

と、言いたいところですが
それはハネないように乾かしただけだからであって
広がりはおさまっても
何もしないとハネることをお約束します 苦笑

なんの約束やねん?なのですが
縮毛矯正でキレイになっても
肩に当たってるのは変わりませんから
実際なにもしないとハネますからね。。。

頑張ってハネないようにスタイリングしてみてください

とはいえクセがなくなったので
そこまで難しくはないと思いますよ

 

といった、何とも感じの悪い記事に
なってしまいましたが

「縮毛矯正したのにハネる」

そんなお悩みをお持ちの方が
あまりにも多く
そしてその悩みを解決していただくために
正直なことを書かせていただきました


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です