これさえ読めばOK!髪の毛の表面のチリチリの悩み解決法!!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

毎日ブログを書いていると
ありがたいことに、お問い合わせや
実際にご来店いただくこともあるのですが

髪の毛表面の”チリチリぱやぱや”に関する
お悩みを良く伺います

 

 

普段はたいして気にならないのに
湿度が高い日なんかはどうしても表面が
チリチリぱやぱやしてくる
こともあるでしょうし
そうなるとツヤも出にくいし
広がって見えますからね。。。。

 

ということで今回は、悩んでいる方も多いということで
そして大体の方が間違った対処法をしちゃってますから
絶対に効果のある
”髪の毛表面チリチリぱやぱやの原因とその解決法”

を解説していきたいと思います

とはいえ、たいして書くことはありません 苦笑

なぜなら解決策はたった1つなので。。。

 

 

 

表面チリチリぱやぱやの原因

 

 

髪質

身もふたもない話ですが
髪質でチリチリしてる人って多くいます

先天的なもの。後天的なもの。
と、ありますがそーゆー髪質

先天的なものってのは
生まれつきの髪質ですよね

後天的ってのは、いつからか
髪質が変わってくる場合なのですが
加齢やホルモンバランスの変化などで
実は良くあることです

何を隠そう僕自身も後天的な髪質の変化により
現在チリチリしております

 

 

ダメージ

髪の毛のダメージがすすむと、よく
水分量が減るだの、
髪内部のタンパク質が流出するだの

言われることかもしれませんが
そうなるとチリチリしてきます

 

特に髪の毛の表面は紫外線であったり
摩擦などでダメージをよくうける場所です

摩擦に関して具体的に言うと
ブラッシングやブローを集中的に行う場所だし
ゴムで縛る時、外す時の摩擦や
生活する上で髪の毛って
なんだか良く手で触っちゃいますよね?!手櫛を通したり
それも摩擦です

ゆえに、内側はそんなことないのに
髪の毛の表面だけチリチリしてる人って
多いわけです

 

加齢

こんなブログを読んでいる方は
ご理解のある方かと思うので遠慮なく
言わせていただきますが
加齢により髪質は変化します

これは生きていればどーしようもないことで
骨密度みたいなイメージいいのですが
髪密度も低下していきます(そんな言葉ないけど)

髪の内部のタンパク質も水分も減っていくし、
要するに髪の毛自体が弱っていくので
チリチリぱやぱやしやすくなります

さらに髪が弱ってるってことは
ダメージも受けやすくなるので
気を付けないとよりチリチリです。。。

 

または、髪質が変化してくる年齢ってことは
白髪なんかを気にされている方が多いかと思いますが
白髪染めの頻度があまりに高ければ
当然痛みも強く出るので注意が必要

ホームカラーとかしてたらチリチリして当たり前。。。

 

さらに超、遠慮なく言いますが

肌なんかは生きている細胞なので
お金をかければ多少老化にあらがえるかもしれません

エステだの、細胞を活性化させる美容液だの
色々ありますよね?

しかしながら髪の毛は死んでる細胞なので
髪が弱くなってからいくらお金かけようと無駄です。。。
何しても毛が太くなったりしないです 苦笑

アンチエイジングなんて言葉を良く聞きますが
髪は老化してからでは遅いので
その前から対処することをオススメします

毛が痩せる前にあらがいましょう

 

痩せてからでは元に戻すことは難しい。。。

どうにかしてって言われても
どうもできないし
スタイリングで誤魔化すしかありません。。。

 

 

カット

普通のカットをされているのであれば
それが表面チリチリの原因にはなりませんが
生きていれば、変な人にも出会うわけです

 

変な美容師に出会うと
表面もすかれまくって短い毛が
多く作られちゃうこともあり得ますから
アホ毛だらけのチリチリヘアーの完成です

髪質的にもチリチリになりやすい上に
変な美容師にカットされると
チリチリどころか、下の毛と判別不可能になります 苦笑

 

 

ということで
チリチリの原因を書かせて頂きましたが
それらの原因に、やっかいな”湿度”が加わると
髪の毛は水分を吸って膨張してしまいますから
さらに”チリチリぱやぱや”ってわけです

 

で、解決策なのですが
カットが原因でチリチリしているのあれば
短い毛を伸ばすしか対処法はないのですが

 

それ以外の原因(髪質、ダメージ、加齢)であれば

自身でブローやアイロンなど
要は頑張ってスタイリングする方法と
縮毛矯正する方法の2択。
どちらかで対処することが出来ます

 

自分でブローなど上手くできないって方や
やっても雨の日は意味がないって方が多いので
実際は縮毛矯正を選択する方がほとんどなので
もはや1択。。。 苦笑

 

しかしその際に気を付けなくてはならないのが

髪質でチリチリしているならまだしも
ダメージや加齢によってチリチリしている場合
既に負担を負ってる髪の毛に薬剤付けていくわけなので
下手したら余計にチリチリです。。。

 

なのでそこに関しては、
かける美容室や美容師を
よく探してよく選んだ方がいいし

普段のケアもなるべく痛ませないような
意識をしておく必要があります

 

美容室の探し方はこちらに書いてます

【完全保存版】縮毛矯正が上手い美容師の見つけ方!

 

 

ここで1つ疑問に思う方もいると思うのですが
ダメージ毛、加齢毛にしても
「髪が弱ってチリチリしてるんだから
解決策はトリートメントではないの?」

ってやつですね

 

そんな方はトリートメントに対する考え価値観を
一掃していただく必要があるのですが
トリートメントではチリチリぱやぱやは改善されません。。。

 

 

髪の毛表面のチリチリ対策にトリートメントはクソ?!

 

この記事にも書いてあるのですが
トリートメントって手触りをよくするものであって
髪質や髪の形状を変化させるものではありません

 

なので、表面のチリチリぱやぱやには
トリートメントしたところで
たいして効果は発揮できないし
万が一効果を感じたとしても、もちは2週間です 苦笑

てか、トリートメントなんて大体の方が
やったことあると思うし
やった結果、あまり効果を感じないから
こういったブログ読んでるんだと思います 苦笑

 

ということで、効果の出る現実的な対処法として
僕は縮毛矯正をおすすめさせていただいているわけです

 

何も全体にかける必要ないですからね

表面だけとかもありなわけだし
目に見えて効果のある
そしてその効果を持続してくれるのは
今のところ縮毛矯正しかありません

 

他の方法を期待する気持ちもわかりますが

さっき少し書きましたが
僕自身、小学生の頃は
髪の毛サラサラなびかせてサッカーとか
していたわけですが

中学生くらいから後天的にくせ毛になり
(縮毛、波状毛、捻転毛というくせ毛三冠を制した
チリチリウネウネするタイプのくせ毛 苦笑)
髪の毛に対してコンプレックスを抱えるように。。。

もはやサッカーで汗をかいたり
ヘディングなんてもってのほかな状況になってから
今まで散々試してきたわけです

チリチリ対策のシャンプートリートメントや
美容師にしかできない特権
”サロントリートメントを自宅でやる”
といった裏技も 苦笑

チリチリに悩んできた美容師が散々試してきた
結論がこの記事です

 

チリチリから解放されたい方は
ぜひ参考に

 

クセ毛に20年悩んだ美容師が教える【表面のみの縮毛矯正のメリットまとめ】

 

髪の毛の表面のチリチリをなくすには縮毛矯正ではなくてはならない理由!

加齢によるチリチリの解決のための最も有効な手段とは!?

【40、50代】髪の表面のチリチリの原因と対処法!?

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です