縮毛矯正したらやってはいけない長さと矯正してるけどいい感じのショートになる方法?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

ご存じの方も多いかと思いますが
”縮毛矯正をかけたらやってはいけない長さ”
というものがあります

 

その長さにすると
縮毛矯正の意味なんて全くありません

ただ痛むだけで
時間とお金の無駄。。。

後悔すること間違いなしなので
かける前にこの記事を読んだならラッキーだし

もうその長さにしてしまっているのなら
その長さでいい感じでいることは
不可能なので今すぐ切ってください

もしくはいい感じでいることを諦めてください 苦笑

そのくらい
やってはいけない長さなのです

 

ずばり

 

 

肩につく長さ

 

縮毛矯正をして肩につく長さにすると
ほぼ間違いなくハネまくります

で 結局毎日縛ることになります 苦笑
(矯正した意味ないです)

 

 

髪質が超絶にいい
スタイリングテクニックが超絶優れている

のであればなんとかなると思いますが
そうでないならハネまくり確定です

なんせ皆さんそうなっているので。。。

 

 

 

先日のお客様ですけど
4か月前に縮毛矯正したときから
ハネまくってしまうようで
いつも縛っているみたいなのですが

それもそのはずで
やってはいけない長さだからです 苦笑

 

クセがストレートになったところで
肩に当たったらハネのるは当たり前の話で
ハネないようにスタイリングできればいいのですが

そうでないなら
そんな長さにするべきではないのです
(美容師が説明するべきですが)

 

何度も言いますが絶対ハネるから

で 絶対縛ることになるから 苦笑

 

 

そしてハネるから
もうショートにしちゃいたいってことなのですが

ここでもう1つの問題が。。。

 

縮毛矯正してる髪の毛を短く切ってとんでもない頭になった場合の対処法【実例】

 

 

縮毛矯正してる髪の毛をショートにすると
だいたい毛先ツンツンのカッパになるわけです。。。

 

 

 

これって誰がどう切っても対処不可能で
短くするのならカッパからは逃れられません

 

「矯正したの半年以上前なのに?」
とかいう方いらっしゃいますけど

縮毛矯正の良いとこか悪いとこかわかりませんが
かけたところはずっとストレートなので
1度でも縮毛矯正かけたら
短く切ったら毛先ツンツンって呪縛からは逃れられないのです。。。

 

そういったことを理解してから
縮毛矯正ってのはした方がいいですよね

なので
便利な技術ではあるのですが
ある意味安易にかけるべきものではないのです。。。

 

で カッパの対処法は

頑張ってアイロンなどで自然な感じにスタイリングするか
もう1度自然になるように全体に縮毛矯正をかけるか

毛先にデジパーをかける

という方法しかないわけです

 

 

 

短く切って当然カッパになったので
全体に自然になるように縮毛矯正かけさせていただきました

しかし
これって髪の毛があまり痛んでいては
出来ないです

縮毛矯正がかかってるとこに(すでにダメージしてる)
さらに縮毛矯正かけるわけですから
髪の毛の余力が必要なわけで。。。

縮毛矯正してる人は
なるべく髪の毛を痛ませないでほしい1番の理由です

 

縮毛矯正がかかってるけどショートにしたい

そんな方は必読の記事です

てか縮毛矯正かけてる人
かけたい人は必読です 苦笑

↓ ↓ ↓

 

縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための『鬼の鉄則』とは?!【重要記事】

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です