【正しい頻度】縮毛矯正をかける周期は長くても6か月以内なわけ

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「1度縮毛矯正をかけたら
ずっとかけ続けなきゃいけないの?」

こう思われている方も多いかと思うのですが
別にそんな決まりはないし
やめるにあたって
多少大変なこともあるかとは思いますが(スタイリングなど)
やめたかったらやめればいいだけの話。

 

しかし
キレイなストレートスタイルを保つためには
髪が伸びれば当然、クセ毛が顔を出しますから
やはり定期的にかける必要があるわけです

 

 

これは髪の毛が短ければ短いほど
根元から毛先にかけてのクセの割合が大きくなるし

短ければ短いほど、伸びてきたクセ毛部分の
影響を受けやすいので
かける周期を短くする必要があり

長ければ長いほどかける周期は長くなります
(長いと髪の重さで落ち着くのもある)

 

そしてその周期は”長くても6か月”
で、お願いしております

 

 

てか縮毛矯正をかけて6か月しても
髪の毛に違和感や不具合を感じないのであれば
そもそも縮毛矯正する必要ない髪の毛であることが
予想されます 苦笑

梅雨時期だけかけるとか意味不明です 

⇓ ⇓ ⇓

1年に1度の縮毛矯正はクソ最低なかけ方?!【矯正の正しい頻度とは】

 

縮毛矯正って基本的に
かけたらとれませんから
根元はクセ毛でそれ以外はストレートって
ヘアスタイル的に変だし

1年も放置したら変な頭で
それなりの期間を過ごすことになりますからね。。。

 

別にそれでいいなら
外野がどーのこーのいう問題でもありませんので
嫌味じゃなくて好きにしていただいて
全く構わないわけですが

なにがしかの悩みを抱えていたり
美しくなりたくて検索し
辿り着くこーゆーブログを
読んでしまう(美意識の高い)方はそうではないでしょう

 

 

なので

変な頭で過ごしたくなかったら
長くても6ヶ月でかけるようにしてください

6ヶ月経っても気にならないようなら
変なので気にしてください w

または矯正がいらない髪の毛だったのでしょう

 

ケーススタディ

 

 

すでに濡らしてしまったので
わかりにくいのですが
前回の縮毛矯正が約6か月前

なので今回、かけ時なわけですが

 

いくらロングでも
根元がうねうねで毛先がまっすぐっておかしな状態の
限界が6か月くらい(理想は4ヶ月)

それと縮毛矯正は
どうしても梅雨入り前の時期にかけたい

ってのがあるので
6か月周期だと、ちょうど年に2回
良いタイミングでかけられるわけです

 

ということもあり
長くても6か月周期でお願いしているわけです

もちろんクセ毛の強さによっても
理想のタイミング変わってくるし
あまりクセが強ければ6か月はもちませんから
そういった方は4か月周期最低ライン

ということもあるでしょう

 

4ヶ月周期も梅雨時期にあわせて年に3回で
ちょうど12か月ですからね

そしたらキレイなストレートを保てると思います

 

 

 

縮毛矯正はもちろんリタッチです

1度かけたところは基本的に
ずっとまっすぐですから、またかける必要ないです

これもキレイなストレートスタイルをキープするのに
大切なことでしょう

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です