【詐欺確定?!】全くダメージさせずにくせ毛をストレートにする方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

自戒を込めて言わせていただくのですが

・短すぎ
・長すぎ
・思ってたのと違う
・左右の長さが違う
・カットラインがガタガタ

などなど、カットの失敗って
色々あると思うのですが
僕が最も多いなと感じるのは

すき過ぎ(テキトーな毛量調整)
でございます

 

このブログで何度も書いているのですが
髪の毛が多い。重たい。からといって
すき過ぎて変な頭になっている方が非常に多い。。。

 

いつも言っていることなのですが
「すく」というのは、量を減らすためというか
やりたいスタイルを作るうえで
いらない毛を削るためにするわけです

 

なので、やりたいヘアスタイルが決まったら
その時点で必然的にすく量は決まってくるので

あなたの感じる
”髪の毛が多い。重たい。という感覚”
すいてしまったら
本来のすくべき量を逸脱するわけですから
変な頭になるのは当然の話なのです。。。

 

そんな
すき過ぎなお客様です 苦笑

 

 

こんな頭にされちゃってる人
めっちゃ多いので
僕はもう見慣れてしまったわけですが
冷静に考えてコレやっぱやばいですよね? 苦笑

毛先スッカスカ。。。

 

これがキレイなスタイルと思うのであれば
そんなもん個人のすき好きですから
外野は黙っとけ!なのですが

多分あまりいないんじゃないですかね?

髪の毛急になくなってますから 苦笑

 

 

ちなみに
「髪の毛が多いから、重たいからすいてくれ」
ってオーダーする方の
約9割の方が既にすかれ過ぎています 苦笑

 

別に髪の毛の素人であるお客様が
そうオーダーするのは
普通のことかと思うわけですが
(悩みや要望を言うのは当然なので。てか言ってください)
美容師も止めろよ!って毎回思います 苦笑

 

しかし覚えておいていただきたいのは
量が多い。重たい。という悩みは
ぜひ言うべきかと思うのですが

それに対する対処法は
美容師に任せていただきたい

ということ

 

なぜなら
「すいてくれ」
という間違った対処法で
我々の技術をしばられてしまうと

接客業であるがゆえに
かしこまりました〜♩
なんて素人の言うことをそのまま聞いて
変な頭を量産する媚び売り美容師が
なんとも多いわけですよ 苦笑

 

実際に今回のお客様も
「髪の毛が多いから、重たいからすいてくれ」
ってことだったのですが

もちろん
もうすくとこなんかありません 苦笑

 

 

 

お客様もそうなのですが
こんな風に後ろからの
ご自身のヘアスタイルを見ることって
あまりないですからね

こーやって写真を撮って
ご自身の後ろ姿を見ていただくと
これヤベー。。。って
ことにお気づきいただけます  苦笑

 

ってことで
すき過ぎには気をつけろ
ということなのですが
今回伝えたいことは実は全く違うこと

長すぎる前置きではありますが
こっからが本編であります w

 

【詐欺確定?!】全くダメージさせずにくせ毛をストレートにする方法

お客様なのですが
前回、前々回と他の美容室で

トリートメント的なもので
クセをなくしボリュームを落とすメニュー
”ボリュームダウン”

ってのをしたらしいのですが
最近痛みが気になる。。。とのこと

 

で、うかがってみると
そのお店曰く、痛みもなくボリュームを
落とせる技術らしいのですが

髪の毛を見て触った感じ
それってどう考えてもただの縮毛矯正です w

 

縮毛矯正なんだもの
そりゃ何回もやったら
痛みが気になるよなって話なのですが

美容室のメニューの名前って
勝手に決めても問題ないですからね 苦笑

 

その”ボリュームダウン”もそうですし
やはりどこの美容室も
髪に良さそうなメニュー名を
付けてくるわけですよ

 

たとえば
「トリートメントストレート」
ってメニューがあるとして

トリートメントでクセが伸びちゃいそうな
イメージを持たせたメニュー名で
ゆるめの縮毛矯正しちゃっても問題ないわけ

別に決まりなんてないのでなんでもありです w

縮毛矯正されてるのに
その自覚がお客様にないのは
個人的には
もはや詐欺としか思えないわけだけど 苦笑

 

最近よく聞く
「髪質改善」たるメニューもまさにそれ

お店によってやってる内容は全く違います

 

普通のサロントリートメントだったり
ストレートパーマだったり
ゆるめの縮毛矯正だったり
酸熱トリートメントだったりするのですが

大前提として覚えていていただきたいのが
”クセが伸びたら少なからずダメージを伴う”
これは絶対ということです

 

クセ毛が伸びるってことは
薬剤で髪の中の構造変えるってことですから
そんなことして
痛まないわけがないんですよね

あればいいとは思いますけど
トリートメントのみでダメージなくして
クセがストレートになることは
今の美容技術ではあり得ませんよ

 

しかし、厄介なのが
痛んでない風にクセを伸ばせる技術
発達しているってことです 苦笑

 

カラーなんかも
最近のカラー剤は染めると
痛んでないように錯覚してしまうほど
むしろツルツルになります

しかし実際は痛まないことは
あり得ないので
後々にダメージとして目に見えてくるわけです

今回のお客様がいい例ですね

 

ってことで
痛んでしまったところは切るしかないですからね

 

 

ちょうどすきすぎの部分も切れたので
良かったです

とはいえ、まだ毛先の厚みは足りないし
痛んでいる部分すべて切れたわけではないので
もう少し時間をかけて美しくなってまいりましょう

 

そのために、普段の髪の扱い方と
髪の毛が痛まずしてクセを伸ばすみたいな
夢のような技術に期待するのはもうやめて
騙されないようにお気をつけくださいませ

そんなもん
1日10分の隙間時間の作業だけで月50万稼げます
みたいな詐欺情報と同じです w

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。