美容室でいつも思い通りにならない理由と【理想の叶え方?!】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

今日は美容室を利用する消費者の方に
美容師を代表して言いたいことがあります
(いつも言いたい放題だけど 苦笑)

それは美容師ならなんでもできると思ったら
大間違いだよということです 苦笑

・〇〇ならブリーチしてても縮毛矯正できるって
聞いたんですけど

・〇〇カラーならブリーチしないで
この色にできるってここに載ってるんですけど

・〇〇なら痛んでいてもパーマできるって
この前言われました

 

などなど
どこかで見聞きした情報によるものを
僕らに求められても

ぶっちゃけ
そー主張してる人のところに行ってください
って思うわけです 苦笑

 

来ていただいたにも関わらず
大変失礼かとは思うのですが
これはあなたのためであります

 

例えば僕は
縮毛矯正のお客様を担当することが多いのですが

すると

酸性ストレートなら
ブリーチしてても縮毛矯正できるって
聞いたんですけど。。

とか言われることもあるわけです

 

しかし僕はそうは思わないので
無理ですよ。とか言っちゃうと

お客様からしたら
なんやねんこいつ!だし

僕としてもそんなこと言われても。。。
なのですよ 苦笑

 

ちなみに酸性ストレートっていうのは
酸性の薬剤を使った縮毛矯正
最近流行ってるやつです

【痛ませずにクセを伸ばせる】と話題の酸性ストレートの正体とは?!

一般的な縮毛矯正はアルカリ性の薬剤で
酸性の方が痛みが少ないとか良く言われています
(実際は髪質に合う合わないがあるし、やり方次第。
痛まないわけではありません)

ゆえにブリーチしていても(痛みが強くても)
縮毛矯正かけても大丈夫と主張している
美容師はいるし

そういった施術例をインスタやブログ
YouTubeなんかのメディアで
あげてる人もいらっしゃいます

 

なので、ブリーチしてても
縮毛矯正かけて大丈夫なんだと
理解してしまうのかと思うわけですが

それはその美容師の技術や主張なわけですよ

 

確かにブリーチしてるような
痛みが強い髪の毛に縮毛矯正をかけるなら
僕も酸性の薬剤を使用するかと思うのですが

やはり薬剤には変わりありませんから
さらに痛むことは間違いないし

高いクオリティの縮毛矯正を
かけられるかといったら
そんなことないと思うわけですよ

 

かけた直後は良いけど
そのうち毛先切れだしたり
バサバサになったりするのは
あるあるですし。。。 苦笑

 

てかダメージの強い髪に薬剤つけるのって
少なからずチリチリの取り返しのつかない失敗を
する可能性もなくはないわけだし

そんな危険な施術をやりたくないし
てか、やっていいんですか?
どーなっても文句言わないでくださいね?
って思います 苦笑

 

もちろん痛みにくい
素晴らしい髪質をお持ちであれば
1度や2度のブリーチくらいなら
縮毛矯正を問題なくかけられる場合も
ありますが

そんな人は少数派
多くの方が仕上がり満足いくかといったら
そんなことはない

ってのが僕の主張なわけですね

 

なので
どうしてもやりたいんだ
というのであれば

やはりその美容師みたいに
ブリーチしててもできると主張しており
そして実際に多くの施術例を
載せている人のところに行くしかないと
思うわけですよ

ちなみに超痛んでる髪の毛に
美しい縮毛矯正をコンスタントにできる人なんて
ツチノコ並みのレア度の
神に選ばれし変態レベルの美容師です 苦笑

それをその辺の美容師に求めるのは
あまりにも酷でありますよ

だってそもそもそー主張してないし 苦笑

 

という事で
今回はブリーチに縮毛矯正の例えで
お伝えしましたが

カットでもカラーでもパーマでも
あなたが求めていることを可能だと
主張している美容師のところに
行くようにしましょうね

 

美容師みんながみんな
同じことできるわけじゃないし
得意分野というのもあるでしょう

 

美容師とのマッチングって
ちょー大事です

髪の毛で満足したければ
いつまでもホットペッパーで近所の美容室
探してる場合ではございません w

 

まぁ自ら情報収集し
こんな美容師のブログ読んじゃうような方は
大丈夫でしょうけども

【皆が知らない】美容室で似合う髪型や満足が手に入るとっておきの秘訣を伝授

縮毛矯正かけるサロンはよーくリサーチしてから選んだ方が良いたった一つの理由

美しい髪の毛を手に入れるために【超重要な美容師の選び方】の話

美容室で満足するためにちょー重要な【価値観】の話


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です