【絶対に効果が出る!?】梅雨時期のクセの広がりから解放される方法4選

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

梅雨の時期はもうちょい先になりますが
ここ最近の雨の日の湿気に悩まされている方
多くいるかと思います

 

僕自身がくせ毛ですので、雨の日の憂鬱さは
サラサラ髪の毛なびかせてるやがる美容師
「これくせ毛なんですか?
パーマみたいで可愛いですね!」
などの
クセ毛お世辞テンプレートを
放ってくる美容師よりはわかっているつもりです w
(パーマには見えねーし、
見えたとしてもそれが嫌だからきてんだよ!苦笑)

 

幸いなことに僕は美容師なので
通勤時間に湿気にさらされて
とんでもない頭になったとしても
職場にスタイリングするための道具は
全てそろっている 笑

しかしながら普通の人は
職場や学校についてから
スタイリングをやり直すなんて
なかなかできないだろうし
そもそも色んな道具持ち歩かないでしょうからね

 

なので今回は
朝のスタイリングの意味はなんだったの??
ってことにならないような
”おすすめのくせ毛の湿気対策法”について
書いていきたいと思います

 

まず「湿度が高いと、なぜくせ毛は広がるのか?」

って理由を知るのも大事なことなのですが
それを書き出すと
今日寝るのが朝くらいになってしまいそうだし
何より”広がらない”という結果が大事なので
今回の記事では割愛します

”くせ毛は湿度が高いと広がるもん”ってことで
苦笑 (事実そうなので)

 

【絶対に効果が出る!?】梅雨時期のクセの広がりから解放される方法4選

ということで
さっそく結論からいきたいと思います

 

これは僕自身がくせ毛に悩み続け
美容師を10年以上やって導き出した結論なので
なかなか信憑性のある情報ではないかと思います

ちなみにこのブログでは
いつも現実的な解決策しか提示していません

 

・これを使い続けると髪質変わってきます
・当店独自のこの方法なら痛ませることなく
くせ毛をストレートにできるんです

のような、脳内お花畑美容師が言いそうな
ウソはつきません

それゆえ解決策はいたってシンプルですが。。。

 

湿度に負けない4つのくせ毛対策法!

・ベリーショート
・くせ毛出しまくるスタイル
・縮毛矯正
・移住

残念ですがこの4つです 苦笑

 

昨日の記事でも軽くお伝えしましたが

皆さんが期待しがちな
くせ毛用のシャンプーや
くせ毛がまとまるトリートメントも
最新のサロントリートメント技術も
正直、湿度の前では糞の役にも立たないのです

 

もちろんそれらで
普段のスタイリングがしやすく感じることは
あるかもしれませんが
湿度対策としては

田代まさしの「もうやりません。」
くらい、あまりにも頼りない w

 

だって
田代まさしは何回逮捕されてんねん?!
という話だし
上のような湿度対策プロダクトも
今まで効果ありました? という話なのです 苦笑

 

僕は今まで散々使ってきましたけど
やはり目に見えて効果を感じたことないし
やっぱり何使おうが
雨の日はとんでもなく広がってました

新成分だか、湿気を寄せ付けない
最新のコーティング技術だか知りませんが
結局広がるんです。。。もうそれが全て

いい加減そういった”モノ”にも、田代まさしにも
期待しすぎるのはやめましょう。。。苦笑

 

ベリーショート

男の人って女の人に比べて
髪の毛の悩みが少ない方が多いと思いますが
(薄毛以外)
それって美意識の問題とかもあるかもしれませんが
なんといっても短いからです

短ければ広がる髪の毛自体が少ないわけですから
そこまで広がりようがありません

 

短いと生えぐせの影響をモロに受ける
デメリットはありますが
ワックスつけてスタイリングすれば
くせ毛でもそれなりのヘアスタイルにはなるし

雨の日でも不自然なほどにスプレーで
ガチガチに固めればいいし
ベリーショートならそれが変じゃない

逆にベリーショートでもないのに
ガチガチって変な頭です w

 

くせ毛を出しまくるスタイル

僕はこれを採用してますが
くせ毛を出しまくるスタイルにしたら
雨の日のストレスから一気に解放されました

くせ毛をスタイリングで伸ばしたり
誤魔化したりするから
湿度の影響でそれが崩れたときに
変な頭になるわけで

最初っからくせ毛全開なら
雨なんかこわくないわけです w
(多少は影響受けますが)

もちろんスタイリング剤はつけなきゃダメだし
くせ毛出しまくりのスタイルに自分が許容。納得。
する必要はありますが
(インスタにあるようなパーマスタイルよりは、やはり見劣りするため)
手っ取り早く雨の日の
ストレスから解放される方法です

 

縮毛矯正

縮毛矯正も全体をしっかり
ストレートにする方法から
ゆるめにかける、毛先はナチュラル
表面だけ前髪だけなど

かけかたは様々ですが、くせ毛を伸ばし
なおかつ湿度に対応できる
唯一の技術といっても過言ではありません

 

「縮毛矯正は痛むからイヤだ」

そういった声もきくのですが
確かにダメージのない縮毛矯正は無理だし
(そもそも痛みまくってるとかけること自体無理)
何使っても多少なりとも痛むわけなのですが
目に見えて効果を出せるのは縮毛矯正のみですよ

 

湿気で広がりまくっているか
多少痛んでも縮毛矯正で湿度に影響されない
キレイな髪の毛にするのどっちがいいですか?

って話なだけ

こう言うと矯正かけろ!って感じに聞こえますけど
全くそんなことはなくて
湿度の高い日はヘアアレンジしたり
誤魔化しようはあるのでこれは単純に好みです

縮毛矯正のデメリットもないわけではないので。。。

 

ただ美容室で出来ることで
湿度の影響から逃れるには
”縮毛矯正しかないですよ”ってことですね

 

移住

「春」「夏」「秋」「冬」のそれぞれが
美しい自然の景色を楽しませてくれ
季節の移り変わりを感じながら日々を過ごせる
日本は素敵だと。。。

「四季」の素晴らしさを
表現されることが多いと思うのですが
そんなもんがあるから、我々くせ毛は
より辛い思いをしなければならないのですよ 苦笑

 

四季(梅雨)のない国や
乾燥した国

それが難しければ
湿度の高くない地域に
移住すれば全てが解決されます w

 

ケーススタディ

 

 

 

 

比較的キレイな髪の毛なのですが
雨の日が広がってストレス!とのこと。。。

そんな場合は
縮毛矯正しちゃった方がいいと思うのです

さっきも言いましたが
ダメージなしは無理だしデメリットもありますが
ストレス感じるほどなら
かけちゃった方が圧倒的に楽だし
雨の日も影響すくないです

 

 

 

乾かしてこんな感じ

今回は長さも切って
縮毛矯正させていただきましたが
もちろん選ぶのはお客様

世間で言われる
湿気対策はクソほどあるので
何を選択するのはあなたなのですが

くせ毛で悩まされ続け、色々試した結果
僕としては湿気対策になるには

・ベリーショート
・くせ毛出しまくるスタイル
・縮毛矯正
・移住

現実的にこれしかないよな。。。って思うわけです

 

なので
僕の言うことを聞く必要とか全くないんですが

湿度対策として、たいして意味のない
縮毛矯正と変わらないくらいの値段の
高価なサロントリートメントをやってみたり

誤解を招くような
誇大な表現がされているプロダクトに
無駄なお金払ったり

”雨の日でもくせ毛が収まるカット”
などの馬鹿げた宣伝に騙されないように
していただきたい

と思い、筆をとった次第です

ぜひ参考に

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。