縮毛矯正してる髪を短くカットしても【こけしにならない方法】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです

 

 

 

今日はさっそくケーススタディ

 

 

約半年前に
縮毛矯正とカットをさせていただいて
それ以来のご来店なのですが

今回は肩につかないくらいまで
バッサリと切りたいとのことです

 

こういった場合
かしこまりました!

って何も考えずにただカットしてしまうと
ほぼ間違いなく
毛先ツンツンの変な頭になります 苦笑

こんなん

 

 

このブログで何度も
紹介させていただいてますけど
縮毛矯正をかけている方が短くするときは
金太郎かこけしになりたい方以外
まじで注意が必要ですよ 苦笑

 

切る前に読め!縮毛矯正してる髪の毛を短く切る場合の注意点【まとめ】

 

この記事(リンク先も)をぜひ
スマホをおでこに押しつけるレベルで
熟読していただきたいのですが
縮毛矯正を1度かけたところは
基本的にずっとストレートなわけです

それが矯正のメリットのようなデメリット。。

 

例えば

・根元から中間は
クセがしっかり伸びるように縮毛矯正

・毛先は不自然にまっすぐにならないように
ゆるくクセが残る程度にかける。
曲がるようにかける。またはかけない。

といったやり方をすることが多いのですが

そのときは自然な仕上がりに満足したとしても
次回短く切るときに
前回クセがしっかり伸びるように
縮毛矯正をかけたところでカットしてしまうと

毛先が不自然なストレート。。。
ツンツンになるわけです(金太郎かこけし)

 

これってのは誰が縮毛矯正しても同じことで
それを回避するために
「全体的に縮毛矯正をゆるめにかける」
って方法もなくはないのですが
クセの伸びがいまいちになるわけなので
髪質次第では難しい。。。

 

お客様の場合も

 

前回しっかり縮毛矯正させていただいているし
青い線くらいのところで
切る予定なのですが、そしたら
間違いなく毛先がツンツンになります w

それを知っていて
ただきるわけにはいきませんから
根元の伸びてきたところと(リタッチ)
自然な丸みがつくように
毛先にも縮毛矯正する必要があるわけですね

 

 

 

乾かしただけ

するとツンツンにならず
自然な感じに仕上がるわけです

 

本来、縮毛矯正は
伸びてきた根元のクセ毛部分だけをする
”リタッチ”をおすすめさせていただいてますし
実際にそのほうが圧倒的に多いです

しかし、髪の毛扱いやすくしたいから
縮毛矯正してるのに毛先ツンツン
扱いにくくなってしまっては本末転倒。。。

そんな時は毛先まで
やらせていただくこともあります
てかやらないと金太郎。。。 苦笑

 

そして毛先まで自然な雰囲気にかけるためには
・あまり痛んでない
・物理的に正しいカット
ってのが条件になってきますから

縮毛矯正をされている
もしくはしようかとお考えの方は
カット(美容師選び)と、髪の毛のダメージの管理が
とっても大切になってくるわけですね

マジで縮毛矯正が必要な髪質の方は
ハイライトとか入れてる場合ではありません w

あまり痛んでいたら、毛先に薬剤なんて
つけようもんならツンツンが可愛く思えるほど
チリチリですからね 苦笑
(そんな場合は毛先の施術は自分で巻きましょう)


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です