髪を軽くしたいときの【失敗しないオーダーの仕方】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「髪の毛軽くしたい!」

この要望はおそらく、ラーメン屋の「麺かためで!」
くらい多くいただくのですが

美容師にそのまま
「軽くしたい」って伝えるのは実はちょー危険。。。

 

ラーメン屋の『麺かため』は
ある程度基準があるだろうし
”かため”以外にバリカタ、ハリガネ
のような細かな固さの指定もできますが

髪の毛の「軽くいしたい」って
そもそも抽象的であいまいな表現。。。

 

まず、自身の生まれ持った髪質や毛量が違うので
前提条件がまるで違うってのと

さらに

軽い感じの
空気感のある雰囲気にしたいのか?

もしくは文字通り
量を減らして触った感じ軽くしたいのか?

「軽くしたい」って言葉だけでは
感じ方、受け取り方は人それぞれで
肝心の本人がどうしたいのか?は
わかりませんからね

 

もちろん、洞察力にたけた美容師であれば
その言葉の雰囲気で
真意を察することができるのかと思いますが

そんなのは一部の変態的な美容師であり
全ての美容師にそれを求められるのは
あまりにも酷でありますよ。。。 苦笑

 

なので、”どんな軽さがほしいのか”
を伝えるのはとっても大切なわけです

 

そんな「軽くしたい」お客様です

パーマとカットでご来店

 

 

髪の毛の量も気になるみたいなのですが
お話をうかがうと
空気感のある軽い雰囲気にしたいとのこと

 

ただ軽いスタイルと軽い雰囲気のスタイル。

実際に触った感じの軽さと
見た目で感じる軽さの作り方は
全く違いますからね

 

髪の毛を軽くしたいときは
触った感じの軽さを求めているのか
軽い雰囲気のスタイルを求めているのかを考え
それを美容師に伝えるようにしましょう

 

てか、ただ軽いスタイルっていうと
量を減らすことを求められるのかと思いますが

その場合、すきまくって
だいたい毛先がペラペラのパサパサで
扱いにくい良くわからないヘアスタイルになりがち。。
(結局いつも縛る)

 

ヘアスタイルのクオリティよりも
機能性のみを求めるなら
それも問題ないと思いますが
お客様も、こんな美容師のブログ読んじゃう方は
そんなことないでしょう

 

 

 

毛先濡らして
ワックスもみこむだけなのでセットも簡単

段差をつけて軽い雰囲気にさせていただきました

 

そもそもですが、美容室でのオーダーのおいて
軽くしたい。すいてくれ。などの
”毛量の指定”ってのは
変な髪型への入り口でしかありませんからね

お気をつけくださいませ

 

必読
↓  ↓  ↓

変な頭が確定する?!美容室でやってはいけないオーダー【まとめ】

 

髪の毛を軽くしたい方は読むべし!「すく」と「軽い」の関係性

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。