キレイなパーマを維持するために大切なこと!!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

このブログでは
パーマや縮毛矯正のこと
ばっかり書いてますけど

 

もちろん
カラーのお客様もいらっしゃいます

 

 

先日のお客様は
白髪染めでご来店だったのですが

 

 

白髪の生え方って
人ぞれぞれで

白髪が生えはじめる年齢も
それぞれだし

子供のころから
ちらほら生えてる
若白髪なんて言われたりする方もいますし

ずっと生えない?人もいますからね

 

そして白髪が生える場所や量なんかも
それぞれで

お客様の場合は

 

 

後ろの髪の毛は
白髪ちらほら

 

しかし顔周りは
白髪多め

 

 

 

 

このこと自体が悪いわけでは
ないのですが

こういった感じに

場所によって
白髪の生えている量が違う場合

 

全体を同じカラー剤で
塗ると

 

 

 

染まりがムラになります。。

 

白髪が多い場所は明るく見えて
少ない場所は暗くなります

 

黒い紙とと白い紙に
同じ色のペンで色をつけたら
同じ色にはならないのと同じ感じです

 

 

だから
白髪の量によって
カラー剤の種類を頭の場所によって
変える必要があります

 

 

 

そうすると
全体的にムラにならずキレイに
染まるわけです

 

 

お客様も
白髪の少ない後ろと
白髪の多い顔周りで

薬剤を2種類使って
染めさせていただきました

 

 

 

 

キレイに染まっていると思います

 

でもこれは
別に特別な技術でもないし
どこの美容室でも
やってること

見た目でムラにならないように
塗り分けは絶対に必要な技術ですからね

 

 

 

そして
この「塗り分け」は
パーマや縮毛矯正でも同じ!!

 

 

白髪だけでなく
髪の毛の太さやダメージ具合も
場所によって
違ってきますからね

 

 

パーマや縮毛矯正で
なるべくダメージしないように
施術するには
そんな髪の毛の質や状態によって
薬剤の塗り分けする必要があります!!

 

 

 

例えば

毎日ブローやアイロンで
セットする方は

顔周りは良く見える場所ですから
しっかり目にする方が多いです

 

するとその部分のダメージは
強くなっているはずですから

他より優しい薬剤を使わないと
無駄なダメージを負ってしまいます。。。

 

 

 

また

襟足の毛こめかみの毛
太さや硬さも強度も
違うと思います

 

ということは
薬剤の浸透の仕方が変わってくる
はずなんで
使用する薬剤も塗り分けすべき。。。

 

 

 

 

 

 

しかし!!

 

 

実際の美容室での現場では??

 

 

 

 

パーマや縮毛矯正の場合
全体を同じ薬剤を使用する場合がほとんど!!

(今度美容室に行ったときじっくりみて確かめてみてください 笑)

 

 

 

それは

カラーのムラみたいに
見た目にわかりやすく

塗り分けの効果ってのは
見えにくいってのもありますし

 

 

なにより

 

 

 

 

 

手間だから!!笑

 

 

 

いちいち
ここの髪の毛はダメージしてるから
この薬剤で。。。

ここは髪の毛太くてしっかりしてるから
この薬剤で。。。

 

時間かかるしちょっと手間。。。

 

 

 

しかし
パーマや縮毛矯正をしながら
キレイな髪の毛を保つためには
絶対に大切なことなので

 

そんな「手間を惜しまない」
美容師さんを見つけてくださいね!!

 

 

 

 

イシカワとか? 笑

 

 

 

 

っていう
結局パーマの話 笑

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

サロン情報

LUCK小田急相模原

 

店休日
火曜日

 

営業時間
10:00~19:00

 

住所
神奈川県座間市相模が丘5-3-17

 

メニュー・料金

 

 

 

ご予約・ご相談・お問い合わせ

 

友だち追加

24時間ネット予約
⇓ ⇓ ⇓ ⇓

TEL
042-702-7150

お気軽にご予約・ご相談ください

ご予約の際はイシカワ指名でお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です