雨の日でも【絶対に広がらない】クセ毛が使うべき唯一のプロダクトはこれ?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

なんとなくクセを活かす感じでやってきたけれど
ここ最近の湿度により広がりまくり

もうやってられるか!

とお嘆きの方も
少なくないかと思います 苦笑

 

残念ではありますが
カリスマ美容師のクセを活かしたカットに
YouTuber直伝のクセを活かしたスタイリングを
どんだけ施したところで

湿度の前では無力

クセを活かしたイケてるヘアスタイルのはずが
気がついたら、ヘアスタイルとは到底呼べない
ただ天パで広がってるだけの毛髪
成り下がっているのはクセ毛あるあるでしょう

 

『雨の日でも一日中キープ』
などのふざけたキャッチフレーズの
プロダクトに期待しては裏切られ

誰々が使っている。と権威づけされたものや
こんなに高いんだから。という
値段による信頼性を担保しているものも

今度こそは!と
期待に胸をふくらませ
湿度の高い日にココぞとばかりに使ってみるが
結局ふくらんでんのは髪の毛やねん!

どれもこれも
舌打ちをせざるを得ない効果でしょう。。。

 

行き着いた解決策は

湿度の低い地域や国に移住する
または
人と会わないで生きていくために
フルリモートワークができる職場に転職する(起業する)

これらの髪の毛自体の解決を諦め
「環境を変える」
といったものです。。。苦笑

 

というのは冗談ですが(半分まじ w)
湿度とはそれほどまでに
厄介なものなのですよ。。。

 

雨の日広がる髪質の解決策ケーススタディ

 

 

コチラの方はブログ見て
ご来店いただきました

今まではムースなどをつけて
クセを出すスタイル
されていたようなのですが

例のごとく、湿度が高い日は
とんでもないことになるとのことで
縮毛矯正をご希望でございます

やはり湿度から逃れるには
移住転職も1つの選択肢ではありますが
現実的なのは縮毛矯正でしょう w

 

いつも担当してくれてる美容師さんは
ボリュームが落ちてしまうから
縮毛矯正をかけることには
あまり積極的ではなかったようなのですが

湿度による広がりを
どーにかできるのも縮毛矯正でしかないわけですよ

 

矯正するとクセが伸びるわけですから
確かに多少のボリュームダウンはあるのですが
工夫次第でそこまでペタンコになったりは
しないですからね

現状がストレスなら「縮毛矯正やっちゃいなよ」
というのが僕の立場です

縮毛矯正でペタンコにならない3つの方法?!

 

ということで縮毛矯正かけていくわけですが
「このままかけたらどーなりますか?」
とのことだったのですが
湿度に影響されない状態を手に入れ
広がりはなくなるけど

おそらくハネまくりでしょう 苦笑

 

 

なぜなら
”ちょうど肩に乗っかる長さ”だからですね

 

『縮毛矯正すればハネない』

って勘違いされてる方も多いのですが
縮毛矯正でできるのはクセを伸ばすことであって
肩に当たってる長さというのは
カットをしない限り変えられないですからね

縮毛矯正してもハネるのは治らない?!【知らないと損する髪の毛の常識】

もちろんブローやヘアアイロンを駆使して
ハネないようにスタイリングできるなら
問題ありませんが
そうでない方は(スタイリングが苦手。できない。)
肩にのっかる長さは禁止でありますよ 苦笑

 

そして今まではクセを出すスタイルを
していたわけですから
カットも”それ用”なわけですね

空間づくりなどをして
毛が動きやすい状態を作るのが一般的です

 

しかし今度はクセ(動き)を
出したくないわけですから
カットは真逆になっていきます

要するに、空間づくりとかしてあると
クセが出やすく、まとまり悪いですから
扱いやすくしたかったら切れ
ということです w

 

もちろん無理に切ったりしないわけですが
お客様的にも、今の長さに
こだわりがあったわけでもなさそうですし
楽な感じが良いとのことでしたので

肩つかないくらいに切って縮毛矯正させていただきました

 

 

 

表面だけ軽くブローしましたが
やんなくても
こんな感じにおさまるかと

そしてご覧の通り”ペタンコ感”はないし
湿度の影響もないでしょうし
ちょー楽かと思います

 

ということで
湿度のストレス半端ないけれど
移住や転職はむずかしい。。。

そんな方は縮毛矯正かけることを
オススメします w

 

最初に書いたけれど
湿度対策のプロダクトって
怒られちゃうかもしれないけど
どれもたいして効果ありませんし

当然シャンプートリートメントを
いいやつに変えたところで
髪が空気中の水分を吸って膨張することには
抗えないですからね

劇的な変化なんてありませんよ 苦笑

 

とはいえ全員縮毛矯正しろ!
なんて言うつもりはなくて
髪の毛に求める優先順位を考えましょう
っていつも言ってることにつながるわけです

縮毛矯正にもデメリットもあるわけだし
(ボリューム落ちるとか)
万能な技術ではありませんからね

 

例えば

・一切ボリュームを落としたくない
・痛ませたくない
・動きが欲しい

なんてのが優先順位に来る人は
縮毛矯正とかやって良いわけがありません 苦笑

 

・ツヤが欲しい
・広がりを無くしたい
・とにかく楽な感じがいい

こーゆーのが優先順位に来るのなら
クセを活かしてる場合じゃなくて
縮毛矯正をするべきでしょう

ってことです

 

『雨の日でも【絶対に広がらない】
くせ毛が使うべき唯一のプロダクトはこれ?!』

なんてタイトルで申し訳ないのですが
そんなプロダクトありませんので
正しい対処を心がけてください w

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です