『キレイになりたい方必読』パーマのかかりの美しさは【髪質次第】って身も蓋もない話

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

今回の記事は
まじで身も蓋もありません 苦笑

 

ちなみに、髪の毛をキレイにするために
様々な努力をしている方も
多くいらっしゃると思うのですが

その中の一部の人にとっては
絶望する内容かもしれませんから
それを許容できる人のみ読み進めてください

 

場合によっては
長年の悩みが解消される方もいるであろう
記事になると思う反面

悲しい気持ちになってしまう方も
いらっしゃることが予想されますので
お気をつけてください

 

 

髪質が全て

これを言ったらおしまい

ってやつでしょうけど
事実であり、それが現実なので仕方がありません 苦笑

 

美容の技術なんて
まじで髪質が全てです w

一般的には、もはや美容師失格の発言なのですが
なぜ美容師は本当のことをひた隠しにするのか
僕には理解できません

むしろ言うべきだろうと。。。

 

パーマの仕上がりの身も蓋もない話

 

 

こちらの方は
ゆるふわの大きいカールスタイルを求め
パーマでご来店

前回もパーマかけているのですが
それが約4ヶ月前

そろそろパーマが出にくくなってきたとのことで
パーマかけさせていただくのですが
仕上がりがこんな感じ

 

 

 

ゆるふわの大きいカールスタイル

お客様の理想に近い雰囲気が作れたようで
何よりなのですが
これはまさにお客様の髪質のおかげ 苦笑

 

もちろん美しいパーマをかけるためには
美容師の技術もなくはありませんが
そんなもんは髪質の前ではまるで無力 w

無力は言い過ぎかもしれませんが
ヘアスタイルの仕上がりのクオリティは
髪質8割、技術力2割ってところでしょう

 

なんて身も蓋もない。。。

僕だって本当なら
どうだこのぷるんぷるんのパーマスタイルは!
と、自分の技術力を自慢したいわけですが

髪質ありきの僕の技術によるパーマスタイルと
言わざるを得ないのが事実なのです

 

 

 

こちらの方も
大きいカールをご希望で
パーマさせていただくのですが

さっきの方と比べると
髪の毛が細く柔らかい

さらにカラーもされているため
ダメージもそこそこある状態です
(ヤバいほどのダメージではないけど
さっきの方と比べるとってこと)

その状態にパーマをかけると

 

 

かかってはいるし
お客様にも満足いただけたのですが
カールの大きさといった面では
少し物足りないところでしょう。。。
(そーなることはご理解いただいたうえでかけさせていただいてます)

比べたらわかりやすいですが

 

 

 

技術は同じでも
髪質でこうも変わってきてしまうわけです

少し具体的に言うと
今回のパーマのように大きいカールを作るためには
髪の毛のハリやコシや弾力が必要不可欠で
左側のお客様の髪の毛にはそれがあったから
より大きなカールのパーマがかけられたわけです

 

パーマがキレイにかかる素材があり
そこに美容師の技術が加わることにより
より美しくかけることができるわけで
まずはその素材がなければ、かけようがない。。。

なので、残念ではありますが
ヘアケアなどをいくら頑張っていようが
あまり髪が細くやわらかい髪の毛には
この大きいカールは難しいのが現実であります
(ハリやコシ、弾力がないことが多いため)

基本的にダメージが強いほど
髪の毛のハリやコシや弾力は失われていくので
なるべくダメージさせないってのが
ヘアケアの本質です

 

たまに、どこでかけてもキレイにかからない
と、おっしゃる方がいらっしゃいますが
それはキレイにかかる髪質ではないからです

ひどいこと言うようだけど
それが事実ですから受け入れてください

 

というか、受け入れるから美しくなれるわけですよ

 

自分にはキレイにパーマがかからないとわかれば
パーマじゃなくても
コテやアイロンを使えるようになれば
いくらでもキレイなゆるふわスタイルはできるわけで
パーマがかからなければ
美しくなれないわけではありません

または、2人目の方のようなパーマは
おそらくかけることができるわけですから
それで満足できるなら、それはそれで良いわけで。。。

 

ということで、美容の技術なんて
髪質が前提であることは
覚えておきましょう

 

”痛みにくいブリーチ”なんかも
最近良く聞きますけども
あれも髪質がいい人は(痛みにくかったり、痛んでもキレイに見える髪質)
効果を感じるかと思いますが

そうではない、痛みやすい髪質。
くせ毛などの痛んでないのに痛んで見える髪質の方が
ブリーチなんかしたら
所詮ブリーチには変わりないですから
バッサバサのボッサボサですよ 苦笑

実際にそーゆー人めっちゃいる

 

【美容業界の陰謀】美容師がブリーチをすすめる本当の理由を大暴露?!

 

または、インスタでよく見る
ミニボブ、とかミニマムボブとか言ったりする
コンパクトなヘアスタイルがあるんですが
それなんかも思いっきり髪質ありき 苦笑

 

髪質というか”頭の大きさ”なのですが
ヘアスタイルがコンパクトになるためには
小さい頭が必要なわけで
美容師のカットの技術とか関係ないです

たまたま毎回、論外なほど技術の未熟な美容師に
当たってる超絶運のない方以外は 苦笑

 

皆から憧れられるミニマムボブになる方法!【※傷つきたくない方は読まないでください】

 

ということで
髪質が全てなんていう
残酷すぎるお話をしてきたわけですが

もちろん意地悪で言ってるわけではなくて
この事実を受け入れるからこそ
美しくなれると、僕は思っているからです

 

というかどんな髪でもキレイにします!とか
100%似合う髪型にします!とか
言ってる奴の方が、胡散臭くないですか? 苦笑

 

物理的に不可能なことだってあるわけだし
そもそもキレイな髪の毛の状態や
似合ってる髪型って
人によって定義が異なりますから
言ってる意味がわかりません w

ほぼただのセールストークですから
そー言ったやつには近づかないようにしましょうね

僕に近づきたくない人も
いると思うけど。。。 苦笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です