【後悔する前に知るべき】縮毛矯正で不自然なボブにならないための基礎知識

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

僕は縮毛矯正かけてる人には
ボブロング
オススメしています

 

縮毛矯正でアホみたいな頭にならないためのやるべき髪型【解体新書】

 

別に他の髪型もできるにはできますが
美しく、扱いやすく、長持ち
っていうほとんどの人が欲っしているのは
ロングかボブでないと手に入れることが難しいです

 

例えばショートなんかは
すぐにバランスも崩れるし
伸びてきたくせ毛の影響も受けやすいので
長持ちってのは難しいですよね

なのでこのブログの縮毛矯正の施術例も
ボブが多かったりします

当然ロングもいますけど
髪型に変化がおきにくいので
ブログにはあまり向かない w

 

しかし、ロングならいいのですが
縮毛矯正で作るボブスタイルには
危険な罠がありまして

それがご存知?
”金太郎やん問題”です 苦笑

 

 

 

ボブが扱いやすいって聞いたのに
こーなってしまっては
マサカリかつぐしかありません 苦笑

 

 

 

別にこれがイケてると感じるのであれば
いいのですが
個人的にはやっぱりボブっていうか
金太郎や日本人形、スフィンクスの類かと思うのです

僕と同じようにそー思う方は
縮毛矯正かけてボブにするときは
注意した方がいいですよ

なんせそーなってる人多いので。。。

 

縮毛矯正ボブで金太郎を回避する方法

 

 

縮毛矯正でご来店の方

ぱっと見た感じそんなにクセなさそうですが
顔まわりが強く、雨の日はハネまくりの
広がりまくる髪質

 

そして矯正しても長さが変わらないと
ハネるのは変わりないですから
(肩にあたるので)
”ボブ”にしたいっことだったのですが

すでに矯正がかかってるのもあるし
普通に切って根元の縮毛矯正かけるだけでも
間違いなく金太郎確定です w

 

金太郎や日本人形になるゆえんは
なんといっても毛先の不自然さ。。。
毛先が真っ直ぐすぎるからでしょう

 

 

 

なのでそうならないために
毛先は曲げるように矯正する必要があるわけですね

 

 

 

乾かしただけですけどこんな感じ

根元のクセ部分は普通に縮毛矯正して
毛先は曲げるように矯正しています

 

とはいえ、これができるのって
”あまり痛んでない髪の毛”ってのが条件ですから
縮毛矯正をかけてる人は
人一倍なるべく痛ませないようにした方がいいですよ

自然な縮毛矯正をしてくれるサロンも
今は結構多いと思いますけども
痛みの強い髪の毛に自然な縮毛矯正をかけれる
サロンはほぼ0です

明るめのカラーやハイライトとかもってのほかです

 

ボブにしたら金太郎になりますから。。。 苦笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です