絶望必死?!くせ毛で広がるの人がやりがちな【変な頭の作り方】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

まずはコチラをご覧ください

くせ毛で広がる

広がるからすいて量を減らす

すいて量を減らしても広がりはおさまらない

量を減らしてもおさまらないので縮毛矯正をする

スカスカの状態に縮毛矯正するとキレイに伸びないし
もちも悪い

数ヶ月後に変な頭の完成

 

これは王道といっても過言ではない
変な頭の作り方です 笑

 

変な頭の人って
だいたいすかれすぎてます
もしくは、すかれなさすぎってのもあるのですが

すかれすぎている方はマジで多いです

そして、すかれなさすぎの場合は
まだカットをすればどうにかなりますけど
すかれすぎて場合はもうどうしようもないのが
厄介なところ。。。苦笑

 

そんな最もベーシックな変な頭の作り方で
実際に変な頭になったお客様です

↓ ↓ ↓

 

 

ストレートパーマ前

 

まさに上の流れで
パサパサジリジリペラペラヘアーに
なってしまったご様子で
”毛先がまとまらない”とのこと

 

もうなってしまったものは仕方ないのですが
まず反省すべき点は
「くせ毛で広がるからすいて量を減す」ってところ

もうそれが悪循環の全ての始まりです。。

 

くせ毛で広がっているのに
すいて毛の量を減らすってどーゆーこと?
何考えてんの?
正気なの?
まとまるわけないじゃん
って感じなわけです
(プロが冷静な判断するべきですから
お客様に説教してもしょーがないけど w)

 

広がってる原因はくせなんだから
くせをまず初めにどうにかするべきで
量とか関係ないですからね

さらに
くせを無くすのに縮毛矯正してから
スカスカになった方がまだましで

スカスカの状態に縮毛矯正ってのがまた最悪

 

頭の中に短い毛がたくさんあると
縮毛矯正の際に
髪の毛を均一な力で引っ張れないので
クセがキレイに伸びない

さらに毛先のペラペラ部分は根元より
アイロンによる伝わる熱量が多くなってしまうので
強いダメージにも繋がります

ご覧の通りバサバサなわけだし
しかも不自然になりやすい。。。

 

そもそもですけれど
いつも言っているのですが

広がるからすく とか
量が多いからすく とか
あり得ないわけです

 

すくっていう技術は
目指すスタイルをする際にいらない毛を削る

その為にするわけで
広がるから。とか全く関係ないし 苦笑

 

広がるのも量が多いのも
あなたの髪質ですから
髪質はカットで変えられないし

それをカットでどうにかしようとすると
変な頭になるわけです

物理的に無理なことをしたら当然です

 

とりあえず
長さは変えたくないとのことだったので
毛先のバサバサ部分だけ切らせて頂き
根元だけの縮毛矯正です

 

 

ストレートパーマ後ストレートパーマ後

 

根元のクセが整ったので
比較的キレイに見えますが
毛先のペラペラパサパサは否めません。。。

ここは切ってしまうか
伸びるのを待つしかないです

 

カットで変な頭になってしまった場合
カットでしか直せないですからね
すると普通に年単位の時間を要しますから

 

まずは変な頭にならないように
物理法則を理解した美容師にお願いするようにしましょう

美容師ってリアルなスタイル以外の
アーティスト的な要素も求められたり
そーゆーのが好きな人もいますが

アートって物理法則を超えたものですから

 

場合によっては迷惑なだけです 笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です