【カット失敗?!】すきすぎて竹ぼうき頭の修正施術例

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、今日はさっそくの施術例になるのですが
先日のお客様はブログ見てご来店いただきました

 

 

普段まとめることが多いようなのですが
毛先の竹ぼうきのような状態がイヤとのこと

正直言うと、たいへん申し訳ないのですが
見事な比喩表現かと思うのです 苦笑

 

だってホラ

 

本来であれば
そんなことないですよ♪
とお伝えするのが美容師の仕事なのかもしれませんが
ウソはつきたくないので
見事な比喩としか言いようがありません 苦笑

 

で、何でこんな状態になってしまうかというと
縮毛矯正やパーマ
ホームカラーの履歴もあるようなので
ヘアダメージってのもあるわけですが

竹ぼうきの主たる要因は
”カット”でございますよ

 

髪の毛の量が多い方がよくされるカットの失敗
”すきすぎ”

 

写真ではわかりにくいかもしれませんが
内側がスカスカになくなっており
さらには髪の毛に段差がまるで入ってない
ヘアスタイルなので(ボブ?)
毛先がペラペラのバサバサになるのは
当然なのですよ。。。

 

「量が多いのですいてください。」とか
安易に言ってしまうと
竹ぼうき化するのは業界ではあるあるです 苦笑

そんなこと言っても
わかってる美容師なら
すきすぎたりしないと思うのですが

お客様も、すけば量の多さや重たさや
広がりから解放されると
勘違いや思い込みをしてしまっている場合も
少なくないですから

その場合、むしろすいてくれない美容師は
その人からしたら不親切な美容師になってしまうので
すかざるを得なく。。。ってのもなくはない

なんとも難しい問題なのです 苦笑

 

ちなみに髪の毛の量に関しては
僕は身長と同じですよ
お伝えしております

大人になって身長で悩んでる人って
あまりいないと思うのですが
それは、もうどうすることもできないことを
知ってるからでしょう

多くの方が、ご自身の身長を受け入れて
その身長にあったサイズの服の選択や
おかしくないファッションをしてますよね

 

なので同じように
髪の毛の量もどうすることもできませんから
(無理にどうにかしようとすると竹ぼうき)
それを受け入れてその人の量にあった
ヘアスタイルをするべきだと思うのです

 

ということで
すきすぎてしまったのは
もと伸びるまでどうしようもないのですが
さすがに
頭で落ち葉をはいてる場合ではありませんから
なんとかしたい。。。

 

ご要望としては
パーマをかけてまとまりを良くしたい
ってことでしたので
少し切ることを条件
パーマさせていただきました

 

やはり段差の入ってない
ペラペラバサバサのところにパーマしても
普通の竹ぼうきが
5年間使い古した竹ぼうき
タイムワープするだけですからね

 

パーマには段差も毛先の厚みも多少必要ですよ

 

 

テキトーに乾かして
スタイリング剤もみ込んでこんな感じ

理想を言えば
髪質的にもっと長さがあった方が
広がりにくくていいのですが
とりあえずヘアスタイルにはなったかと思います

パーマはなんとか普通にかかったので
竹ぼうきの原因はやはりカットでしょう

痛みが強いとパーマかかんないですからね

 

ということで
ぜひすきすぎには注意していただきたいです

量が多くてなかなか乾かなかったり
色々大変なのはわかるのですが
竹ぼうきは、それ以上にストレスでしょう。。。

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です