安いシャンプーを使ったら頭皮が荒れる理由を大暴露?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容師をしていると
たまにこんなことをうかがうわけです

 

安いシャンプー使ったら
頭皮が荒れた。かぶれた。

ブログ読んでる方の中にもそんな経験されたことある方もいるかもしれないし
それはそれはお気の毒だし
僕にできることはさせて頂きたいのですが

 

「そもそも安いシャンプーって頭皮に害があるの?」

 

っていうのをが今回の記事なります

 

毎日使うものですから
害があるならやっぱり心配でしょう。。。

 

ということでさっそく安心していただくためにも
結論から言いましょう

 

頭皮が荒れる、かぶれるほど害があるなら
販売が許されるわけがないのです 苦笑

 

 

基本的に売ってるものは安全

 

ちょー当たり前の話ですが
特定の基準を満たし安全性が確認されているから
そのへんで売っているわけで
そんなにわかりやすく害を感じる危険なものなら売ってるわけないんですよ。。。

 

しかもこの日本という国は諸外国に比べたら
その基準も非常に高く
シャンプーじゃないけど
美容室で使う薬剤なんかは日本で販売できないような
美容師ですら使えない強力な薬剤とかが、海外ではそのへんでフツーに売ってたりします 苦笑

ですから日本で売ってる時点で
基本的に安全なものなわけです
(稀になんか問題があって自主回収とかあるけど)

 

 

『でも実際荒れたし!』

って意見が出てくるかと思うのですが
シャンプーで荒れたり、かぶれたりするようであれば

たまたまそのシャンプーに
自分に合わないアレルギー反応を起こすような成分が入っていたか
たまたま体調が良くなかったか
安い=頭皮に悪いって固定概念によるプラシーボ効果。
もしくは流し残しです 苦笑

 

もちろんシャンプーにより髪の手触りや
洗い心地は違うと思うのですが

”安い”とういことが頭皮の荒れやかぶれの原因になるって
現実問題あり得ないのかな?というところです

 

てかどう考えたって
美容室で扱ってるような一般的に高いとされるシャンプーを
使ってる人って少数派なわけで
大多数の方がドラッグストアで売ってる比較的安いシャンプー使ってますよね

 

で、皆さん荒れてますか?かぶれてますか?

って話で、それがもう全てなわけです 苦笑

 

それと、商品の値段って”内容成分”で決まるわけじゃないですからね?

もちろんまるで関係ないわけではありませんが
分かりやすいのが”ブランド”ですよね

 

ヴィトンと同じような作りや機能のものなんて
おそらく世の中にたくさんあるでしょうけど
あのヴィトンの柄になると値段が爆上がりするわけで

美容業界でいえば
シャンプーボトルに”ミ〇ボン”って文字が入れば値段が倍になります 苦笑

 

のように、商品の値段って
マーケティング戦略などで決まってくることも多々あるわけです

 

ですから

安い=頭皮や髪に悪い

なんてことはなくて
販売が許されてる時点で安全なのです

 

逆に
オーガニック=安全

みたいな思考の方は危険ですよね。。。

 

そもそもオーガニックって
有機栽培って意味だし

シャンプーが有機栽培って意味不明です 苦笑

所詮は有機栽培された植物のエキスかなんかが
数滴入ってるだけの話で
それこそただのマーケティングです

 

むしろ自然界には人を殺すような植物なんかたくさんありますから
自然思考とかマジでメディアの情報に踊らされてるだけなので
注意してほしいです。。。苦笑

 

ってことで
安いシャンプーが頭皮の荒れやかぶれの原因には
まずならないよってことは覚えておいてください

 

とはいえ、高いシャンプーは全く意味ないよって
言ってるわけではないし
安いシャンプーをオススメしているわけではないです

 

実際にシャンプーにより仕上がりの手触りや洗い心地は違うだろうし
万が一
それらが安いシャンプーと大して変わらなくても
ある程度の値段を払えば”安心感”は違いますからね

 

不安という感情はストレスなわけで
安いシャンプーは不安って感じるのであれば
美容室専売のシャンプー使った方が
”髪の毛も心”も健康になるのではないのでしょうか

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です