美容室の専売のシャンプー使ってみたけど【効果がいまいちな理由】と正しい髪の悩み解決策

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容室の専売シャンプー

 

髪の毛の痛みや質感に悩みがあるし
ドラッグストアで売ってるのより
ちょっと高いけど

美容師さんもすすめてくれるから
使ってみたのは良いものの

肝心かなめの髪の毛の状態は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さほど変わらない

 

 

 

そんなこともあるかと思います 苦笑

 

逆に何か変化を感じて
満足いくものであれば
それは素晴らしいことでしょうけども

残念ですが
シャンプーにあまり期待しすぎると
そーゆーことになりがちでありますよ

美容師がこんなこと言っていいのか知らんけどw

 

シャンプーの効果に期待するな?!

っていうのも
ぶっちゃけシャンプーで髪の毛の状態が
劇的に変化するってことは
あまりないですよ?

 

多少の質感の変化。

重たいとか軽いとか
ちょっとまとまりやすくなったとか
そんな変化はあるとは思いますが

倍の値段のシャンプー使ったくらいで
気分以外に(それも大事だけど)
髪が見違えるように良くなることは
ほぼないのが現実でありましょう

 

 

例えば、ブリーチ(脱色)して
ギシギシになってしまった髪の毛に
どんな高級シャンプー使っても
ブリーチしてないことにはできないし

ブリーチした分だけの
髪の痛みはそのままですからね

多少~扱いやすくなる程度。。。

 

 

シャンプー変えて切れ毛がなくなった
という意見もあるかと思いますし
もちろん、そういったこともあるでしょう

しかしそれって
シャンプーどうこうじゃなく
切れるべくして切れる毛たちが
全て切れたからじゃね?
といったことも考えられるわけだし
(一生切れ続けるとかあり得ないので)

 

最新の成分が髪の奥まで浸透
毛先までしっとり滑らかな髪へ~

みたいな
ツヤツヤヘアーのモデル使った
CMもよく見かけますが

もしあなたがジリジリするクセ毛であれば
そのシャンプーを
丸々一本使ったところで
髪質に変化は一切ないと断言しましょう 苦笑

 

ジリジリするクセ毛の僕が
人生の半分をかけて
散々試してきた結果の結輪。ツラすぎw

 

てか、さっきからわざわざ
嫌な気持ちにさせるような
ネガティブなことを言ってるわけですが

それは当然、意地悪を言いたいわけではなく
本当に美しくなっていただきたいから
でありますよ(そのためには真実を知ることが必要)

 

 

だって冷静に考えていただきたいのですが
シャンプーって
頭の汚れを落とすものですよ? 苦笑

 

それが第一の目的であり
たまたま”付加価値”として
まとまりや手触り感の向上があるわけですが

そっちをメインに考えてしまっている方が

「美容室専売のシャンプー使ったけど
効果をさほど感じない」

といった方でしょうよ

 

髪質が改善されないって言われても
そもそも汚れを落とすものだから。。。
という話 苦笑

 

例えば”シワになりにくい洗剤”って
いくつか売られてると思うのですが

実際使ってみて
たいして効果を感じなかったとしても
ブチ切れる人いないと思うのです

 

 

てか、言われてみれば
若干シワが気にならないのかも。。。?
くらいでも満足なのでは
ないではないでしょうか?

で、それはおそらく
最初から期待値が低いからだと思うのです

 

 

だからシャンプーもあまり期待すると
残念な結果に終わりますから
期待しないことをお勧めしたい w

むしろ期待値を下げることにより
美容室のシャンプー使えば
満足できるわけですよ

実際に市販品より手触りが
良くなったりすること多いですから

 

まぁメーカーも美容室も
優れたマーケティングテクニックを
駆使してくるので

シャンプーなどのモノ
色んなことを期待してしまうのも
仕方ないことかもしれませんけどね。。。

 

 

てか美容室側も、商売である以上
そのお店を存続させるために
(あなたにサービスを提供するために)
売り上げを上げなくてはいけませんから

そういったマーケティングが
必要なこともあるでしょうから
それが悪いとは思わない。

 

 

しかしながら
過度な期待をさせることにより

イヤイヤ、それはそもそも
シャンプーで改善不可能だよ?

という問題に対しても
どんなシャンプー使っても
髪の毛の悩みが改善されないんです
と嘆いている方が
多くいらっしゃるのも事実なのです

いわゆるシャンプージプシー。。。

 

 

なので、髪の毛を
見違えるほど良くするために
そういったシャンプーに期待するよりも

そもそもあなたの髪の毛は
なんでダメージしてるのか?
扱いにくいのか?

その原因を探った方が
キレイな髪の毛への近道ですよ

ということを僕はお伝えしたい

 

 

シャンプーの種類のせいで
髪の毛が汚いってこと
滅多にないですからね 苦笑

余談
ちなみに僕の母親は
美容師からクソシャンプーとの
呼び声高い『ラ○クス スーパーリッチ』を
長年愛用していますが
歳の割には綺麗な髪の毛しております w

 

髪の毛のダメージの原因は??

では、髪の毛が扱いにくくなる
原因の1つであるダメージ

そのダメージの原因を考えると
美容室でのカラーとかパーマとかの
薬剤による内部破壊

これが1番の要因でしょう

 

 

髪の毛は摩擦に弱いですから
普段の扱い方などでも痛みは出ますが
やはり薬剤のダメージの方が
圧倒的にデカいわけです

これは感覚的に誰もが感じるかと。。。

 

なので、薬剤を使用することになる
パーマやカラーの頻度や
かけ方や染め方などで
髪の毛のダメージ具合は大きく違ってきますから

それをまずは見直す

コレがヘアケアの基本です

 

例えば毎回毛先まで染めてたけど
2回に1回にするとか

明るい色は避けるとか
(明るいほどにダメージが強いのは物理法則)

良いシャンプー探す前に
まずはこっちをやっていただきたい

 

例えるなら家計管理における
”固定費の見直し”というやつです

 

 

絶対に出ていく大きな支出を見直すことが
節約の基本として
よく言われることと思いますが
美容室で行う薬剤を使用する施術が
それに当たります

 

シャンプーを変えたり
カラーのランクをアップさせたりするのが

コンセントを細かく抜いたりの
意味はなくはないけど
努力の割には大した効果を生まない
施策でありましょう 苦笑

 

 

ってことでまとめると

美容室のシャンプー使ったけど
あまり効果を感じないのであれば

もしかしてそれは
シャンプーに期待しすぎている
可能性があるかもしれません

そして、そもそもヘアケアとは
髪が扱いにくい原因を探り
その原因そのものを取り除くことですから

何かモノに頼っても
効果を感じないことが多いですよ

お気を付けくださいませ

ということです

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です