縮毛矯正を毛先までかけるべきタイミングとは!?

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

髪の毛を痛みつける技術といえば縮毛矯正 

稀代のワルといえば羽賀研二

ぐらい
髪に悪いと認知されている縮毛矯正なのですが
事実その通り。。。苦笑

 

初めてやったときなんかは
サラサラで感動するほどなのですが
繰り返すたびに
髪の毛がギシギシのチリチリになっていきます 苦笑

 

 

・弱酸性の薬剤だから痛まない
・アイロンを使わない矯正なのでダメージしにくい
・独自の技術によりすればするほどキレイな髪に

 

などの広告 宣伝はよく見かけると思いますが

そんなものはあるわけもなく
縮毛矯正は普通にダメージの強い技術なわけです

 

そんな詐欺みたいな広告をうつ美容師なんて
羽賀研二くらいサイテーだと個人的に思うし

それらの広告 宣伝に騙され
繰り返し縮毛矯正をかけて
実際にチリチリになってしまっている方も
何人も見たこともあるし 僕の頭もなったことがあります 苦笑

 

 

 

 

そんな髪を痛めつけるクソみたいな技術
やりたくてやってる人いないと思うのですが

やはり必要な人には必要な技術
実際に縮毛矯正により
髪の毛のコンプレックスやストレスから
解放されたりする方も多くいるわけですし

僕自身 絶対に必要な技術だと思ってます

 

 

縮毛矯正でギシギシチリチリにならない方法

 

そんな痛みの強い縮毛矯正をかけつつ
きれいな髪の毛を保つために大切なことは

 

リタッチ

ご存じの方が多いと思いますが
伸びてきたクセ毛部分のみをかける技術

これがきれいな髪の毛を保つための基本です

 

さっきも書きましたが
痛まない縮毛矯正なんてのはないし
いくら昨今の薬剤が進化してるとか言われていても
ダメージなしにクセ毛をストレートにすることは不可能なので
(いつかはできるかもしれないけど)

かければかけるほど痛んでいきます

 

なので1度縮毛矯正かけたところに
再度かけることはもはや禁止です

そのためにリタッチという技術が必須なわけですね

 

縮毛矯正をかけた髪の毛のケアとは?

 

髪の毛のダメージケアというと皆さん

サロントリートメントや
自宅でいいシャンプートリートメントを
使うことだと勘違いされている方が多くいますが

そんなものはただの誤魔化しにすぎません 苦笑

痛んで見えないように
周りを騙す行為

羽賀研二と同じです 笑

 

それも大切なことですが

正しい髪の毛のケアとは
なるべくダメージしないように徹することです

 

だって髪の毛の痛みは
何しても治ったりしないですからね

そういった意味でも
縮毛矯正はリタッチが基本なのです
(なるべく痛ませないようなかけ方)

 

しかし

何がなんでもリタッチでなくてはいけないのか?

といったらそういうわけでもありません 苦笑

 

・前回の縮毛矯正の伸びがいまいち
・何らかの理由でクセがもどってきた
・変な頭

 

のような
「キレイでない状態」などの問題があり

毛先まで縮毛矯正することにより
その問題が解決されるのであれば
した方がいいに決まってるわけです

 

先日のお客様です

 

 

 

半年に1度ほど矯正させていただいてますし
まとめてこられたので
落ち着いて見えますが元はこんな感じ

 

 

カットでボリュームおさえるのには
限界がありますからね
縮毛矯正させていただいているのですが

今回は肩くらいに
少し短くしたいとのこと

 

すると正直な話
間違いなく変な頭になるわけです 苦笑

縮毛矯正をかけてる髪の毛を
短くすると十中八九 毛先が不自然な
おかっぱになります

 

 

お客様の場合も例外でなく
実際に切ったらおかっぱになってしまいました 笑

なのでそんな時は
リタッチだけではどうにもならないので
毛先までかけた方がキレイになるわけです

 

毛先が不自然な縮毛矯正部分に
自然な縮毛矯正をかけるので
もちろん簡単な技術ではないし
下手したら逆にチリチリ

キレイにするための技術なのに
余計に汚くなる場合もあるのでその辺の見極めは大事だし

そもそも髪の毛の傷みが強いと
毛先までかけれないので
短く切るべきではない場合もありますけどね。。。

 

仕上がりです

 

 

毛先も自然な感じに
仕上がったと思います

 

このように
場合によっては毛先までやった方が
キレイで扱いやすくなるので
やるべき時もあるわけです

 

しかし
やはり基本はリタッチです

それだけは忘れないようにしてくださいね

 

そして上で書いた

・前回の縮毛矯正の伸びがいまいち
・何らかの理由でクセがもどってきた
・変な頭

といった状態であっても
髪の毛のダメージが強い場合
毛先までかけたら間違いなくチリチリですから

矯正やカラーのリタッチも含め
普段からなるべく痛ませないようなケアを
心がけてくださいね

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です