学校で教えて欲しい?!【自然な縮毛矯正をするための必須知識!】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美しい縮毛矯正をかけたスタイルを保つための常識に
”かけるときは基本的にリタッチ”
(伸びてきた根元部分だけかける)
というものがあります

縮毛矯正の経験がある方なら、ご存知かと思いますが
縮毛矯正って基本的にかけた部分は
ずっと真っ直ぐですから
根元以外かける必要もなくて

てか毎回毛先までかけてたら
髪の毛ボロボロになって終わりますから
もはや常識というか髪の毛に対するマナーです w

 

また、クセ毛の方が初めて縮毛矯正すると
ツルツのサラサラになりますから
すごく感動すると思います

でもそれは
縮毛矯正の薬剤の中に入ってる
手触り良くしてくれる成分なんかも
あるかもしれないけど

手触りの悪いクセ毛が
(くせ毛は指を通した時に抵抗があるため)
スレートになったから
つるつるのサラサラになっただけで

髪の毛がよみがえった!
みたいに感じちゃうかもしれないけど
確実にダメージしてるわけです

 

だからそれを
むやみに繰り返すと
髪の毛のダメージの限界点を超えて
チリチリのバサバサになっちゃうわけです

 

 

 

だから
1度かけたところはかけずに
根元だけをかけていくのが基本

 

もはやこれは
義務教育で教えていただきたい教養です w

難しい数学の公式なんか知らなくても
一部の人を除き、人生に影響ありませんが

縮毛矯正で失敗して人生終わった。。。
って感じる人は結構いらっしゃいますからね 苦笑

 

 

でもそれは基本であって
全体をかける場合もなくはない
ってのが今回のお話です

 

縮毛矯正を全体にかけるタイミング

初めての縮毛矯正

クセ毛の状態によっては毛先のクセをあえて残し
その部分を外して縮毛矯正をする
テクニックを使うこともありますが

クセを伸ばしたいわけですから
全体にかけることが多いです

 

 

以前にかけた縮毛矯正の伸びがいまいちな場合

これもあえて
伸びをいまいちにする場合もあるのですが
そうではない、意図したことでなく
伸びがいまいちになってしまい
ヘアスタイルに差し支えがある場合は全体にかけます

 

縮毛矯正がかかってる髪の毛を短く切る場合

これに関しては施術例を、って事で
先日のお客さまです

 

 

半年以上前に縮毛矯正をさせていただいてます

本来であれば
例のごとく根元の伸びてきたところだけ
縮毛矯正をすれば
問題なくキレイな感じを保てるのですが

「今回は短くしたい」

とのこと。。。

 

となると話は別

なぜなら、毛先のこの辺の部分

⇓ ⇓ ⇓

 

この辺はごらんの通り
自然になるように
ちょっと曲げる感じに縮毛矯正させていただいてます

しかしここより上の部分

 

 

ここはボリュームを減らすために
なるべくまっすぐに縮毛矯正しています

ということはこの部分で切ると

 

こうなります 苦笑

⇓ ⇓ ⇓

 

ザ!縮毛矯正かけました。。。

どのくらい
不自然にツンツンになってしまうのかは
正直切ってみないとわからないのですが
間違いなく日本人形の雰囲気をかもし出します 苦笑

これに関しては、どーにかしてくれって言われても
ぶっちゃけ無理な話で
縮毛矯正をかけたところを
カットで内巻きとかできるわけないし
どんな神がかった技術であろうと
どんなカリスマであろうと無理です

 

そうならないためには
そもそも縮毛矯正をゆるくかけておく
って方法しかなくて
ってことはクセが残るってことですから
そのかけ方には人を選びます。。。

ゆるいクセ毛が
少しのボリュームダウンを目的にかけているなら
問題ない場合もありますが

クセがある程度強ければ
しっかりクセを伸ばさないとスタイルにならなかったり
あまりゆるければ、朝結局、大変な思いしがち
そしたらゆるめになんか、かけてられないですからね。。。

 

だから縮毛矯正をかけている方が
ある程度短くするときは

もう1度毛先を自然に縮毛矯正
もしくはパーマなんかをする必要があるわけです

 

ってことでお客様

肩につかないくらいをご希望でしたので
予想通り不自然にツンツンは確定
てか、なってたので

全体に自然な縮毛矯正をかけさせていただきました

 

 

 

 

乾かしただけ

自然な感じで喜んでいただけたみたいです

 

ってのが
今日のブログなんですけどね。。。

 

お客様からしたら

全体にかけるだの根元だけだの
どのタイミングがいいかなんかどうでもいいから
自然でキレイなヘアスタイルを作ってくれ!
って感じだと思います 笑

 

だから今日のブログの内容なんて
忘れてもらって全然かまいません
寝る間も惜しんで書いてるけどw
クソみたいなブログです 笑

 

しかし!

あまりダメージしていると
自然な縮毛矯正は維持できない!

これだけは覚えておいてください

 

初めての縮毛矯正でも
伸びがいまいちのところの縮毛矯正でも
毛先ツンツンのところの縮毛矯正でも

ダメージが強いと無理!!

ですからね。。。

結局言いたいのはそれだけです

 

普段の髪の毛の扱い方やカラーの仕方や頻度など

気を付けてくださいね

 

切る前に読め!縮毛矯正してる髪の毛を短く切る場合の注意点【まとめ】

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です