【ハイライトが入ってるけど縮毛矯正かけられるか?】の答え

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「ハイライトが入っているんですけど
縮毛矯正かけられますか?」

この手の質問も
よくいただくものの1つ

ハイライトってのはところどころ
基本的には脱色(ブリーチ)して
髪の毛に立体感を出していく技術なのですが
ここ数年ずーっと流行っていますよね

 

 

オシャレ、白髪ぼかし、明るくしたい
目的は様々ではありますが
ずーっと流行っているということは
もはやスタンダードになりつつあるのかと

 

そして縮毛矯正はご存知の通り
熱と薬剤でクセをストレートにする
クセ毛の民にとっては
欠かせない技術になるのですが

どちらも比較的ダメージ強い技術ですから
ハイライト入っているけど
縮毛矯正をして大丈夫なのか?

という疑問を持つことは当然でしょう

というか持ってください w

 

何にも考えずにハイライトや縮毛矯正を
繰り返し、とんでもない頭になっている人も
少なくありませんからね。。。

 

美容師も止めろよ。という話なのですが
美容室もあくまでビジネス

 

 

売上げになることを
わざわざ断る美容師も
そんなに多くはないでしょうよ

髪の毛痛んだらトリートメントもやってくれるし
シャンプーも良いやつ
買ってくれるかもしれない w

 

そして
”ハイライトが入ってる髪の毛に
縮毛矯正はできるのか?”

コレについて発信している美容師も
すでにちょー多いわけですが
人によってできるって言ったり
できないって言っていたりしてますから

結局どっちやねん?!と
憤慨している方も多くいることでしょう

 

そのどっちやねん問題に終止符を打つべく
今宵も筆をとった次第であります

 

【ハイライトが入ってるけど縮毛矯正かけられるか?】の答え

結論から申し上げますと

ハイライトが入っているか?
ということが問題なのではなく
髪の毛の状態が悪くないか?
ということなので

ハイライトの有無は問題ではないわけです

 

要するにハイライトが入っていようが
髪の毛の状態が悪くなければ
縮毛矯正はかけられるし

ハイライトが入っていなくても
髪の毛の状態が悪ければかけられませんよ
ということ

かけることは自体は毛が3センチほどあれば
どんな髪の毛にもかけられますから
今回のかけられるは
かけて美しい状態になれるかどうかの話

だから少しハイライトを
入れてしまったからとはいえ
その広がる髪の毛と
ずっと付き合っていくのか。。。
絶望するにはまだ早いし

ハイライトとか入れてないから
縮毛矯正かけてツヤツヤになれる!
と余裕ぶっこいてる場合ではないのです 苦笑

 

髪の毛の状態が良い悪いの判断方法

 

その肝心の”状態が良い悪い”というのは
単純に髪の毛のダメージ具合
カットの具合の2つの要素で決まります

 

あまりダメージが強いと
当然、縮毛矯正のかかりに
問題が生じてくるのはイメージできるでしょう

下手したらストレートどころか
チリチリの恥ずかしい頭
成り下がることもあるし

逆にそれを恐れて薬を弱くし過ぎれば
クセが伸びませんから
何の意味があるのやら。。。

 

そしてカットの具合というのは
こーゆーの

 

このように
(根元から)ガッツリすかれていては
髪が健康であろうが
美しくクセは伸びません

伸びたとしてもケバケバの毛が表面に出てくるし
毛先はスカスカで貧相に見えるし
不自然な雰囲気にもなりやすい

 

この2つの要素により
髪の毛の状態が良いか悪いか?
判断するわけですが

これってハイライトは
直接関係ないじゃないですか?

 

もちろんハイライトって
基本ブリーチを使った施術になるので
1つ目の要素のダメージ具合に
影響をおよぼす傾向にあるわけですが

そのハイライトって
入れる本数や明るさ回数にもよるので

ハイライト=縮毛矯正できないほど痛む

というわけではないですからね
(痛む場合も大いにあるけど)

 

 

イヤイヤお前このブログで
よく”ハイライト禁止”言ってるやん?!

とのツッコミありがとうございます w

 

確かによく言っているし
特に縮毛矯正を必要とするクセ毛の人は
やめた方が良い。との考えは変わりません

 

でもそれは
ハイライトで痛んだら
矯正が美しくかかる可能性が低くなるし

かけることによって
余計にバサバサになるリスクが
少なからず生まれるからであり

ハイライトを入れたらおしまい。
ってわけではないのですよ

それと「禁止」とか言った方が
キャッチーだしポジションが明確。などの
僕の都合もある 苦笑

 

ケーススタディ

例えばこちらの方

 

 

先日の記事でご紹介させていただいた方

ツヤが欲しい。とのことで
縮毛矯正かけさせていただいたわけですが
暗くしたみたいなのであまり目立ってないけど
ハイライトの履歴あり(2回)でございます

 

しかしながら
ないわけじゃないけど
そこまで痛んではなかったし

かけて余計に汚く見える
ということはないだろうとの判断で
かけさせていただきました

 

 

結果はツヤツヤでございましょう

といった具合に
ハイライトが入っていようが
髪の毛の状態によっては
縮毛矯正かけられますからね

(入ってないことに越したことはないけど
やっちゃったもんは仕方ない。。。苦笑)

 

そして逆に

ハイライトが入っていなくても
普段扱いがあまりに雑だったり
ホームカラーをしていたり

ハイライトじゃないけど
痛みやすい髪の毛なのに
明るいカラーを繰り返していたりして
髪の毛の痛みが強い状態

または先ほどのような
すかれすぎのスカスカ頭であれば

美しく縮毛矯正をかけられないことも
全然ありますので
どーかお気を付けくださいませ

 

【㊙︎お得情報?!】縮毛矯正×ハイライトでバサバサになった髪の毛を治す方法教えます

【ちょー危険?!】ブリーチを使ったハイライトした髪に縮毛矯正はできるのか?!

【ハイライトは不幸の始まり】縮毛矯正が必要ならハイライトは入れてはいけない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です