クセ毛はパーマで誤魔化すべきか縮毛矯正で伸ばすべきか?の答え

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正はもちろんそうなのですが
クセ毛であれば
一度は考えたことがあるであろうことの1つに

「パーマをかけてしまえば
クセを誤魔化せるのではないか?」

 

 

ということがあります

クセ毛具合にもよりますが
もちろんその選択肢もありだと思っていて
人によってはそっちの方が楽だったりするし
僕も提案する事はあるでしょう

 

僕自身、今現在は恥ずかしげもなく
クセ毛100%でやらせていただいておりますが
パーマをかけて誤魔化していた時期も
当然ございます(僕的にはアリだった)

自分の持ってるクセよりも強いカールを
作ることになるので
好みもあるし、ヘアスタイルとして
万人にうけるかといったらわかりませんが

「コレ天パだよ。」

というのと

「パーマだよ。」

と言うのとでは、後者の方が
圧倒的にオシャレに感じるという
心理的な部分もデカイなと
個人的には思っております w

 

しかし、クセ毛にパーマは
セットはそれなりに大変
ということも知っておくべきことでしょう

 

クセ毛はパーマで誤魔化すべきか縮毛矯正で伸ばすべきか?の答え

 

 

さて、こちらの方は
ブログ見てご来店

以前は縮毛矯正をかけていたようなのですが
ここ数年の間、矯正はやめて
パーマでクセを誤魔化してみたようなのですが

「扱いにくい。まとまらない。」

とのことです

 

まるでキャベツみたい。
自虐されておりましたが
大変申し訳ございません。。。

”見事な比喩表現”としか言いようがなく
どーみてもキャベツにしか見えません

 

 

ブロッコリースプラウトみたいな頭のやつ(僕)に
言われたくないだろうけど。。。 苦笑

 

 

お客様曰く

「濡れている時はいい感じなんだけど
乾くと広がりまくる」

ということですが
それって結構あるあるで

そうならないためには
濡れている状態に
スタイリング剤をてんこ盛りにするのが定石

 

そして、そのスタイリング剤も
セット力が強くなければ
いい感じをキープしてくれませんから

テカテカのパリパリに固まるやつとか
ゴワゴワする質感のものでないと
お昼あたりにはもう広がり始めますので
(雨降ったら午前中 苦笑)
そーゆーやつをマストバイ。

 

そうです

女性があまり好きでない傾向の強い
質感のものです 苦笑

 

 

手触りも悪いし
風になびくことなんてまるでしませんし

シャンプーのCMに出てくる
憧れのツヤさらにヘアーとは
真逆の質感ですからね。。。

 

なのでそーゆー質感が苦手なのであれば
”パーマの選択肢はない”と言って良いでしょう

クセ毛にパーマは
スタイリング剤は100000%必要だし
質感重視のオイルやクリームでは
パーマのセットに向かないですからね。。。

 

逆にいうと、質感にこだわらないのであれば
パーマの選択肢もなくはない。

 

スタイリングは必須中の必須ですから
朝は優雅にコーヒー飲んでる場合じゃないし
指通りもなにもないわけですが
パリパリのスタイリング剤使えるなら
かけちゃってもいいのかと

 

 

とはいえクセ毛にパーマって
やってみないとわからない。。。
というのが正直なところ

 

というのは
美容師もセットできるだろうと思って
パーマを提案するわけですが
セットにするのはあなた自身なわけで

そしてそれは
実際にかけてみないと、できるかどうか?
満足いくか?はわからないわけですよ

身もふたもないのだけど。。。

 

もちろん僕らは一応髪の毛のプロですから
この状態にパーマをかけたら
こんな感じになるな。
というある程度の予想はたつわけですが

実際にその頭になったお客様の感想
ご自宅での再現性などは
コントロールできることではないですからね

 

 

なので、クセをパーマで誤魔化すべきか
悩んでいる方は一度やってみるのが
良いかと思います(てかそれしかない。。。苦笑)

 

もちろん、髪質的に。ライフスタイル的に。
どー考えたってかけちゃダメでしょ
って方もいらっしゃいますから
そんな方には、鬼の形相で静止を促すわけですが

髪質次第では上手くいくこともあるし
ダメだったとしても
”ダメだった”ということに
気づけるわけですから

良い経験と前向きに捉えて
クセを伸ばす方向に舵をきれば良いのです

 

 

ということでお客様も
「パーマは上手くセットできない」ということで

いつまでも
ニンニクとごま油と鶏ガラで和えて
おつまみになってる場合ではありませんから
縮毛矯正させていただきました

 

 

 

伸ばしていきたいとのことでしたので
長さはあまり変えずに縮毛矯正

乾かしただけですが
キャベツが玉ねぎのようなツヤのある質感

 

玉ねぎ頭というと
どうしてもこいつを思い浮かべてしまうわけですが

シルエットではなく
あくまで”ツヤ感”に対する比喩表現であることを
どうかご理解ください w

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です