ヘアケアよりも大事なコト!ダメージ強くても〇〇が上手ければキレイに見えるって話

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容室に行けば
高価なトリートメントをすすめられたり

ドラッグストアへ行けば
数え切れないほどの様々なヘアケア商品が並んでるし

このブログでも髪はなるべく痛ませるな!
と口酸っぱくお伝えしていますし

世間一般的にもヘアケアの重要性ってのは
髪の毛に関心があったり、美しくなりたい人は
当然理解されていることかと思います

 

しかし今回は

いくらダメージしていようが
いくら普段の髪の扱い方が散漫だったとしても
”スタイリングさえ上手ければ美しく見える”
という身も蓋もないお話をしようかと思います 笑

 

美容師として、ヘアケアの重要性を語るものとして
何とも言えない気分なのですが、コレは事実なのです

 

逆に言えば
どんだけヘアケアに注力したとしても
”スタイリング力が皆無なのであれば、美しく見えない”
という残酷な話ですが、コレも事実です

 

 

 

痛んでるけど美しく見える理由

 

例えば
インスタなんかで良く見かける
ブリーチを使ったハイトーンのカラー

ブリーチなんてのは
髪の毛を手っ取り早く終われせるにはもってこいの薬剤。
要はちょー痛むわけですけど
(昔のブリーチに比べたら良くなってるのは事実ですがそれでも強ダメージなのに変わりはない)
さすがインスタにのってるハイトーンのカラーは
美しく映えているわけです

痛みが強いはずなのに
風になびくようなサラサラヘアーだったり
パサつきを感じさせないツヤツヤのカールスタイルだったり

 

ではなぜそんなことが可能なのか?って話ですが
アイロンかコテ(熱)を使って
プロがスタイリングしているからです 苦笑
もちろんスタイリング剤もゴリゴリにつけてます

 

断言しますが
インスタのブリーチを使ったハイトーンカラーしてる写真は
9割以上アイロンかコテを入れてますからね
(残りの1割は奇跡の髪質をお持ちのモデルです)

そーすると映えるわけですね

痛んだ髪の毛でもキレイに見えるわけです

 

なので、アイロンやコテを使ってのスタイリングが上手くできれば
極論言ってしまえばダメージなんてどーでもいいのです 笑

だって、なんでダメージしたくないのか?って言うと
美しく見えないから。だと思うんですが
スタイリングして美しく見えるなら
別にダメージしたって問題ないわけです

 

しかしこれは極端で
今書いた通り、痛んでても
スタイリングが出来ればキレイにみえるわけですが
痛んでない方が当然いいに決まってます 苦笑

 

例えば急にパーマをかけたくなったり
イメチェンしたくなったときに
痛んでない方がスタイルの幅が広くなるし
そのクオリティとしても高くなることは間違いないです

そしてやっぱり手触りは違いますよね

 

さらにアイロンなどの熱を加えるスタイリングにも
弱点はあるわけで、それは”湿度”です

 

今みたいに乾燥してる時期ならいいのですが
湿度の高い時期や雨の日なんかはおしまいです 苦笑

空気中の水分を吸って
髪が膨張してアイロン前の髪の状態に元どおり。。。
広がってパサパサです
ダメージが強いなら尚更とんでもない頭に。。。

といったデメリットがあるわけです

 

とはいえスタイリングすれば一時的でも
美しく見えるのは事実です

 

 

痛んでないのに美しく見えない理由

 

逆にヘアケアをとっても頑張っている方で
実際にその成果により、髪の毛の状態が良いとしても

”パサついて見える髪質”の方っているわけで
そーいった方はある程度スタイリングをしないと
残念ですが美しく見えないです

いくらダメージに気を付けても
どんなヘアケア商品つかってたとしても
髪質自体は変えられないですからね。。。

 

または、あなたが人間でボーズ以外の髪型なのであれば
”寝ぐせ”とかつくと思いますけど
それもスタイリングしないと美しくは見えないですよね?

てかスタリングしなくていい髪型なんかありませんから
一部の神に愛されし髪質に恵まれた方以外は
痛みとか関係なくスタイリングはしなくてはいけません 苦笑

しなければ髪の毛や頭の形の欠点が丸出しになるだけ。。。

逆に言うとスタイリングが上手ければ
それをカバーできる力があるのです

 

そのくらいスタイリングって効果があって
大事な行為なわけです

 

ぶっちゃけいって
自分にあったシャンプーとかトリートメント探す暇があったら
スタイリングの練習することをオススメしたい 笑
ってくらい大事です

 

ある程度スタイリングが出来るようになってから
色々こだわるのはいいと思いますけど

あくまで、美しくなるためにはスタイリングが最も大切
ということは覚えておいてください

もちろんヘアケアも大事ですけど

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です