パーマかけたけど上手くパーマが出せない4つの原因とは?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

早速なのですが

パーマをかけたのに
上手くパーマが出せない

そんなお悩みの方も多くいると思うのですが
だいたいこれから書く4つのことが原因です

 

そもそもパーマかけていけないような
髪質や髪の毛の状態にかけてしまったのなら
パーマが上手く出せない

というか変な頭になってしまうのは当然なのですが

 

そうでない方が
パーマをかけたけど上手く出せないのであれば
参考になる記事かと思います

 

パーマかけたけど上手くパーマが出せない4つの原因

 

トリートメントしすぎで髪の毛がベタついてる

 

パーマして髪の毛傷んじゃうから
トリートメントで傷みをリセットだ!
なんて感じで
良かれと思って過度なトリートメントをされる方も
いると思うのですが

 

まずトリートメントをする本当の目的を知りましょう

・手触りを良くする
・ダメージを予防する

この2つの理由です

 

トリートメントで負ってしまった
ダメージは回復しないので
そういった意味でトリートメントするのは意味ないです

パーマスタイルにおいて大事なのは髪の毛の軽さ

トリートメントのしすぎなどで
髪の毛が重たくなったらカールが出にくくなるのは当然で
そもそもパーマスタイルに手触りもクソもありません 苦笑

トリートメントは必要最低限でお願いします
場合によってはいらないです

メンズなんかは特に!

 

驚愕の事実!?トリートメントをする本当の目的とは?!

メンズにトリートメントは必要なし!!

 

朝濡らしてセットしない

 

パーマは濡れているときにカールがしっかり出て乾くとなくなる

これはパーマの原理原則です

 

朝髪の毛濡らさないで
パーマが出ないんです。。。って当然の話です

勉強してないので
テストの点数がとれません って言ってるのと同じなわけです 苦笑

そりゃそうだろうという話。。。

 

パーマしたら朝濡らす
それができないのであればパーマするべきではありません

 

 

パーマのセットがうまくできない人に伝えたいパーマの正しい出し方!

 

パーマがかかってない

 

かけ直してもらいましょう 笑

濡らしてもパーマが出ないのであれば
それは単純にパーマがかかってない
ゆるかった ってことなのでかけ直してもらいましょう

たまに
濡れてるときはパーマが出るんですけど
乾くとなくなるんですって方いますけど

さっき上で書きましたがそれがパーマってもんです 苦笑
(説明しない美容師が悪いんだけど)

 

 

カットが変

 

これも非常に多いのですが
当然パーマスタイルにはパーマ用のカットがあるのですが

それがなされていない事が非常に多い

パーマで動きを出すには
動きの出やすいカットをしなければならないのですが

超簡単に説明すると

ヘアスタイルに大きく段が入ってないと
動きなんて出ないわけです

 

にも関わらず
動きが出にくい段の入ってない重たいスタイル
ワンレグスみたいな状態にパーマかけたりしてるわけです
(美容師のせいだけど)

で あればパーマがかかってても
パーマが出にくいカットなわけですから
上手く再現出来るわけないのです

カットもパーマもいいところを殺しあってるわけで
良くわからないスタイルの出来上がりです

 

雑誌のモデルの髪型なんか目指すと
そういったことが多く起こりえます

重たいんだけどフワフワしてたりしますからね

 

しかしほとんどがあり得ない髪型だったりしますからね
あまり参考にしすぎないように気をつけましょう

そもそもほとんどパーマかけてないし
フィクションですから あんなもん 苦笑

 

インスタの写真で髪型決めると絶望するって話


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です