【失敗確定!】ホームカラーした髪の毛の縮毛矯正するとこうなる!?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

ホームカラーの危険性
美容師であれば常々
お客様にお伝えしていると思うし

お客様も痛むのはわかっているけど
誰でも気軽にできるし便利だし安いしで
染めてしまうって方も少なくないかと思います

 

コロナのせいでなかなか美容室にいけない人も
多いだろうし
その気持ちもわかるんですけれど

ホームカラーによる弊害で知っていて欲しい
厄介なところは
”ご存知痛み”が強いってことよりも

痛みがムラになる

ってところです

 

自分で染めたら当然色の染まりも
ムラになると思うのですが
色がムラってことは痛み具合もムラムラなわけです

 

ここを軽視してる人があまりにも多いので
今回はいい加減に
ホームカラーの危険性を
わかってもらおうと思います 笑

 

ホームカラーするとこうなる!

 

例えばコチラのお客様

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

まとまらない、ボリュームが気になる
とのことで縮毛矯正をご希望です

そしてホームカラー
繰り返しているのでダメージと
そのムラもそれなりです。。。

 

ダメージのムラの何が悪いのかと言うと
髪の毛のダメージ具合に合わせた
薬剤の調節ができないというところです

 

ちょーー簡単にいうと
ダメージが強いところは弱い薬剤
ダメージが弱いところはそれなりのパワーの薬剤
を使うことで
美しく、もちのいいストレートを再現できるわけですが

 

ダメージレベルがムラムラで
どこがどんだけ痛んでるのか判断できない
そんな髪の毛の状況下において
ダメージレベルに合わせた薬剤選定

そんなことができるわけもなく

そしたら
仕上がりには妥協していただくほかありません。。。

 

 

そして、縮毛矯正の失敗で1番怖いのは

ビビリ毛

⇓ ⇓ ⇓

 

 

髪の毛が薬剤に耐えられず
チリチリになってしまうのですが
こうなったら取り返しがつかないですからね

そうならないように
ダメージが強い髪の毛に合わせ
必然的に弱い薬剤を使うことになります

ってことは
クセの伸びがあまくなります

 

こんな感じに

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

 

バッサリ切って縮毛矯正させていただいて
広がりはおさまったし
扱いやすくなるとは思いますが

ご覧の通り
クセの伸びがいまいちです。。。
(伸びがいまいちになることはご理解の上やらせていただいてます)

弱い薬剤であっても
髪の毛が薬に耐えられなさそうだったので
薬剤を早めに流したからですね

 

とくに、サイド部分の
伸びがいまいちなのですが

この部分は

⇓ ⇓ ⇓

 

 

そもそもめっちゃ梳きすぎ。。。

この状況にいる方も同じく縮毛矯正の仕上がりには
妥協していただく必要があります

 

ダメージのムラがある上に
毛先がスカスカだと
アイロンの熱が伝わりすぎるので
上のビビリ毛になりやすい。。

ということは無理はできないので
低めの温度でアイロン操作=クセが伸びにくい
ってわけです

 

言い訳に聞こえるかもしれませんが
無理なもんは無理なわけですから。。。

これを「失敗」って言われると
美容師なんてやってられないです 笑

安全の為ですのでご理解ください

 

そしてホームカラーの危険性は
ご理解いただけると幸いです

ホームカラーしてる髪の毛に完璧な施術は無理です


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です