【衝撃?!】髪の毛は痛ませたほうがキレイになる?!理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

髪の毛は痛ませた方がキレイになる?!

どー考えたって
アホなこと言ってるわけですが
ある人にとっては参考になるかと思いますので
どーかご覧ください 苦笑

 

 

というのも
髪の毛痛ませたくないから

・パーマしたくない
・カラーしたくない
・縮毛矯正したくない
・アイロンやコテは使いたくない

ってことを
伺うことが良くあるのですが
それって本末転倒だと思うんですよね

 

まず勘違いなのが

「痛んでいない=キレイな髪の毛」

っていう概念です

 

 

実は髪の毛は痛んでいても
キレイに見える場合もあるし
痛んでいなくても
キレイに見えない場合もあるわけですよ

 

例えばチリチリのクセ毛で
広がりまくっている髪の毛に
比較的ダメージの強い施術である縮毛矯正したら
痛むけど見た目はキレイに見えます

パーマもすれば、少なからず痛むわけですが
セットがしやすくなったら
キレイなスタイル作りやすいです

 

または、ハネまくっているなら
コテで巻いてスタイリングした方が
高温でこれまた痛むけど
ツヤも出てヘアスタイルもキレイだろうし

明るい色が似合う人ならば
多少痛んでも明るくした方が
輝いて見えるってもんですよ

 

 

もちろん、美しくあるために
「普段からなるべく痛ませないようなケアをしろ」
ってことを僕は言っているし

当然カラーもパーマも
何も考えずにやりまくったら
髪の毛バサバサになってしまうので
ダメージの管理はする必要はあるのですが

 

髪の毛痛ませたくないから

・パーマしたくない
・カラーしたくない
・縮毛矯正したくない
・アイロンやコテは使いたくない

ってのは  やはり本末転倒。。。

 

 

ですからキレイな髪の毛でいるためには
ある程度美容の技術を使った方がいいですよ

とお伝えしたい

もちろん痛んでない方が
髪がキレイである傾向は強いのですが

「痛んでいない=キレイな髪の毛」

って考えは
あまりのも冷静でなさすぎる。。。

 

自分にとって
「どんな状態がキレイなのか」
ってのを冷静に考えてみることを
オススメいたします

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。