デジタルパーマかけたらバサバサでまとまらない【原因とその対処法】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

多くの方が情報を仕入れるインターネット

簡単に情報が手に入れられる
便利なものなのなわけですが
デマの情報が増えているのも現状なわけで

ツイッターなどのSNSでのデマ情報のおかげで
ティッシュやトイレットペーパーの欠品
相次いだのも記憶に新しい。。。

 

そして僕のいる美容業界も例外ではなく
ダメージレスなカラーや
やればやるほど髪質が良くなる
トリートメントをはじめ
当然デマ情報が横行しているわけです 苦笑

 

当店のデジタルパーマは
従来のものと違い
優しいお薬と低温による施術になりますので
ほぼ痛みを感じることなく美しいカールを再現可能です

 

こんな感じの宣伝につられ
パーマをかけて結果バサバサ。。。どうしてくれんねん
なんてことがよくあるわけですね

 

 

 

3か月ほど前に
デジタルパーマをかけたら
バサバサになってしまったようです

どうしてくれんねん?! 苦笑

 

いつも言っていることなのですが
そもそもデジタルパーマは痛みが強く出るパーマです

 

優しいお薬と低温による施術だかなんだか知りませんが
ダメージを感じないなんてありえないわけで
もしダメージを感じないパーマであれば
それはデジタルパーマではありません 苦笑

 

デジタルパーマで低ダメージは可能なのか?【デジパのホントのところ】

 

 

どちらにせよデマ情報なわけで

結果的にバサバサに痛んでるわけだし
申し訳ないけど
カールも美しいとは僕は感じません。。。

 

てか僕だったら、髪の毛も細いし
おそらくパーマの前からダメージもあるので
パーマ自体かけないですね

パーマしてスタイリングを楽にしたいのに
逆に大変になる可能性があるわけですから。。。

 

さらにカットが意味不明です

 

これもいつも言ってることですが
パーマをかけるなら”段”を入れることは必須です

髪の毛に段差をつけないと
動きにくいのは当然なのですが
このヘアスタイルほとんど段が入ってないわけです

 

 

で、量をとって無理に軽さを出しているわけですが
ベースであるカットが動きにくいんだもん
当然キレイに動くはずもないし
毛先はスカスカなのでカールもつくわけないのです

 

と、知らない美容師さんを
ディスったところで本題です

 

パーマでバサバサになってしまった場合
どうしたらよいか?

ってことなのですが
この場合選択肢は3つです

 

1つ目は
”パーマをとる”という選択肢

 

 

変にうねっているわけだから余計にバサバサに
見えるわけで
ストレートにしてしまえば
少なからずキレイには見えますからね

 

しかしその場合
ダメージ部分に薬剤つけることになるので
少なからずさらに痛むわけです。。。

下手したらバサバサがチリチリになる可能性は
なくはないし根本的な解決にはなりません

痛んだ髪の毛が元に戻ることはないので

 

2つ目の選択肢は

”切る”です w

 

 

バサバサ部分を切ってしまえば
当然キレイになりますからね

好みの長さという問題があるけれど。。。

 

 

3つ目は”諦める” w

 

 

・長さは変えたくない
・ストレートにも戻したくない

というのであれば
諦めるしかありません。。。

 

「もう1度パーマしてキレイにかけたい」

とかもってのほかだし
現在のバサバサ状態を
どうにか誤魔化しつつ生きていくしかありません

 

と、3つの選択肢を並べてみましたが
結局のところキレイな髪の毛にしたかったら
もはや一択です 苦笑

 

お客様も
そのつもりのようでした

 

 

 

バサバサ部分切らせていただきました

毛先はアイロン通してるので
ダメージ部分全てなくなったわけではありませんが
キレイには見えると思います

もちろん無理に短く切ったりしませんが
キレイに見えるためには
いたしかたないことも。。。

 

てかまずはバサバサにならないことが大切ですからね

無茶なパーマや
無理なヘアスタイルを要求するのはやめましょう

美容師がとめることなのですが。。。

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。