【ヘアドネーション 】バッサリ切って後悔しないためのおすすめスタイルとは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

・髪がうっとおしい
・イメチェンしたい
・飽きた
・ヘアドネーション(髪の寄付)

理由は色々あるかと思いますが
ロングからバッサリいきたい人って
結構いらっしゃいますよね

 

この記事読んでる人も
バッサリ切ろうか考えてるのかと思いますが
特に”ヘアドネーション”なんて素晴らしい

たまたま伸びたから寄付しよう。でも
寄付するために頑張って伸ばしました。でも
なかなか出来る事ではないですからね

 

しかし、残念ではありますが
ヘアドネーションして(ヤバイ頭になって)後悔。。。
なんてのも耳にするわけです

 

個人的意見ですが
寄付やボランティアなどの社会貢献って
素晴らしいとは思うのですが
自分を犠牲にしてまでの社会貢献は
ちっとも素晴らしくない

月収が10万円なのに10万円寄付して
餓死するのはただのアホだし
ヘアドネーションのために
やりたくもない髪型するのもバカみたい

自己犠牲って聞こえは良いけど
幸せから遠のく行為だと言うことは
良く言われてることでしょう

こーゆーのはお互いが
Win-Winの関係になってこそ意味があるってもんです

なんの話やねん?なのですが
ヘアドネーションするにしても
好きな髪型する権利はあるし後悔はしてほしくない

 

ということで今回は
バッサリ切って後悔しないための
オススメスタイルをご紹介したいと思ったわけです

もちろんそんなとき、明確にやりたい髪型があったり
バッサリショートが良い!ってのであれば
youしちゃえば良いじゃない!とは思うのですが

基本的にバッサリいくときは
”ボブ”をオススメしております

 

バッサリいく時はボブがオススメな理由

 

まず髪の毛は短くなると
髪質の影響を受けやすくなりますし
ロングの時には感じなかった
髪の生え方による影響もモロに出るようになります

もしかしたら、今髪が落ち着いてるのは
長さによる重さのおかげかもしれませんから
短く切ったら広がりまくって
どーしてくれんだってのはあるあるです

 

しかもそれらは、僕ら美容師でも
切ってみないこと分からないことが多く
切ってからでは後の祭りで
どーにかしてくださいと言われても
どーにもできないのです 苦笑

 

もちろんバッサリショートに切って
満足される方もいらっしゃいますが
切ってみて、その頭を見た”あなたの感情”は
どー判断するかは切ってみないと分からないわけですから

そーいった意味でも、表面が長いボブであれば
切ってからヤバイと思っても
カバーしやすいわけです 苦笑

ショートにしちゃったら表面が伸びるまで
1年以上絶望しなくてはならないですからね 苦笑

 

バッサリ切りたいお客様

 

 

 

 

ヘアドネーションではないのですが
気分転換にバッサリ切りたい!とのこと

髪質的にはクセも生え癖も
そこまで問題はなさそうなので
ショートにしてもヤバイことには
ならなそうではあるのですが

短くなった頭をみて
どう感じるかはお客様次第なわけですからね

 

こんな時に
「お客様ならショートが似合いますよ!」
と自信満々にいう美容師が
求められる時代なのかもしれませんが
結局は似合うかなんて主観ですよ

 

以前勤めていたお店で
先輩がお客様に「絶対似合うよ!」って
短めの前髪をすすめていて
実際に雰囲気的にも造形学的にも
誰もが似合うなって思うようなお方でした

しかし短く切った結果
次の日、どーしてくれるんだ?!って
クレームの電話がありました 苦笑
(もちろんクレーマーでもありません)

 

”結局似合うかなんて主観”な代表的な事例です

本人が気に入らなければ
それは似合っていないのです

逆に言うと、似合う髪型をしたければ
他人の意見や造形学とかどーでも良いので
自分がやりたい髪型、似合うなって思う髪型を
するべき

似合う髪型とは見つけるものではなく
決めるものなのです

 

もしくはその先輩のカット料金が4000円ではなく
10000円だったのなら、その短めの前髪も
似合うと感じてもらえたかもしれません

料金による納得度合いって違いますもんね

 

1錠10円クスリ飲んでも治らなかったのに
1錠100円のクスリを飲んだ途端に
頭痛が治ってしまう

人間ってそんなもんです 苦笑

 

 

 

 

ボブ(ショートボブ?)に切りました

切ってみてやっぱりもっとバッサリでも
問題なさそうではありましたが
後悔しないためには
とりあえず表面の長さが残るボブが良いと思います

なにより扱いやすいですから
慣れないスタイリングでも問題ないと思います

 

そして、僕は似合ってると判断しましたが
結局は主観ですから
満足いただけたら幸いです

 

この時に「短けーーー!似合わねーー!」
って主観的に感じる方もいるわけですから
カバーしやすいボブがおすすめなわけです

または万が一、広がりまくるじゃねーか!ってときも
ボブなら縮毛矯正なんかも
相性悪くないですからそーいった意味でもおすすめ

 

ということで
ヘアドネーションするならボブができる長さまで
伸ばすことをお勧めしますよ

 

PS

ちなみにヘアドネーションやってるサロンって
限られてますから
見つけるの大変とか聞きますけど
別のあれって個人でも送れますよ?

31センチ以上の毛束を数本に分けて切ってもらって
それ持って帰ってご自身で
ヘアドネーションやってる機関に送ればいいだけ

うちのサロンも店を上げて
ヘドネーションやってはいませんが
僕が毛束切らせてもらって
ご自身で送ってもらったことは何度もありますし

よくわかんないサロンにいくより
信頼できる美容師に切ってもらった方が
後悔もないと思いますからね

ぜひ参考に

 

 

似合う髪型したい人は必見の記事たちです

↓ ↓ ↓

 

本当に似合う髪型の見つけ方【総集編】

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です