美容師に上手さを求めるな!?変な頭にならないための美容師選びの必須条件とは?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容師に『技術力』を求める方って多いと思うのです

そりゃ当然下手な人より上手な人に切ってもらいたいだろうし
美容師も上手くなるために日々、勉強や練習を繰り返すわけです

当然ある程度の技術がなければ
お客様の求める髪型を作れなかったり
パーマや縮毛矯正も
担当する美容師の技術によってだいぶ仕上がりが変わってくるのは事実です

 

しかしながら
そんなものより大事なものがあるのです

 

接客力?

確かに美容師って接客業なわけだし
接客が上手い人は多くのお客様に指示されるかと思いますが
ちょっと違います

そもそも僕は美容師は
接客業であるべきではないと思っています 笑

接客ということはある程度のご機嫌とりやお世辞などが
必要になってくるのかと思いますが
そんなことしても
実際のお客様の髪の毛がキレイになるわけではないですからね 苦笑

 

では洞察力?

これもイケてる美容師の多くが
身に付けている能力かと思います

洞察力のある美容師は
お客様の発する言葉のキーワードから
真意を見抜き、理想のスタイルや雰囲気を作ってくれると思います

しかしこれもある能力がかけていては
全く意味のないものになるわけです

 

じゃあその大事な能力は一体なのかというと

判断力です

 

判断力というのは
あなたの髪質や髪の毛の状態的に求めるものの出来る出来ないの
判断を冷静にすることができる力のことです

 

やはり美容の技術ってのは
髪質や髪の毛の状態にかなり依存するものですから
それらを無視して
お客様(美容の素人)の求めるものをそのまま作れば
とんでもない頭になるわけです 苦笑

 

無理なことは無理と判断できる能力がなければ
ご自慢の技術も
天性の接客力も
メンタリストなみの洞察力も
まるで意味ないわけです。。。

 

 

こちらをご覧ください

 

 

 

2ブロックにして
絶望的な髪型になられてしまった方です 苦笑

 

どーみても
キノコにしか見えないのですが
これって別にカットが変なわけではないんですよね

2ブロックにしてはいけない髪質の方に
2ブロックに切るという判断が間違ってるわけです

 

髪質が違えば、このカットも
普通にイケてる2ブロックのスタイルになってるわけですよ まじで。。。

 

これが判断力が大事っていうゆえんで
技術力、接客力、洞察力があっても
判断力がなければこーいった頭を作ってしまうわけです 苦笑

 

他にも、痛みがちょー強いのに
パーマかけてチリチリって失敗も良くあるかと思いますが
それも美容師のパーマの技術の無さが原因ではなく
パーマをかけるという判断が間違いなわけです

 

やはり美容の技術って
髪質や髪の毛の状態で
できるできないのほとんどが決まってきますからね。。。

ぜひ冷静な判断のできる
美容師に髪の毛はお願いするようにしましょうね

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です