【必見?!】縮毛矯正がかかっていても100%パーマを失敗しない方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、先日のお客様は
ブログみてご来店いただきました

 

 

くせ毛で縮毛矯正をかけられているのですが
(半年前)
今回は根元の縮毛矯正と
できたら毛先に動きが欲しいとのことで
パーマをご希望です

 

写真じゃ見えないけど
特に顔周りのクセが強く
それが気になるご様子。。。

顔周りってほとんどの方が
他の部分より毛が細い傾向にある
箇所ではあるので(痛みやすく伸びにくい)
慎重に行わなければならないのですが
まぁ問題なくクセは伸ばせるでしょう

 

しかし問題なのは”毛先のパーマ”であります

 

ご存じない方もいらっしゃると思うのですが
そもそも縮毛矯正のかかった髪の毛に
パーマって難しい技術。。。

髪の毛からしたら
矯正でクセをなくしたのに
今度はクセを作られるわけですから
なかなかのストレスですよ w

 

このブログでは
縮毛矯正がかかった髪の毛へのパーマの施術例も
多く載せてはいるのですが

それは、かけても大丈夫な髪の毛であると
自信を持って判断できたから
かけさせていただいてるわけで

かけてはいけない髪の毛にかければ
「どーせコロナであんまり外に出ないからね。。。」
なんてのは気休めにもならないほどに
外に出るのも恥ずかしい頭になっちゃいますから

中にはお断りさせていただいている方も
いらっしゃいます

こちらの方々とか

 

縮毛矯正かけてる髪を短く切ってやばい頭になった時の3つの対処法

根元の縮毛矯正と毛先のデジタルパーマ失敗の?解決策!

 

 

要するに
髪のダメージが強かったり
カットの状態が悪いところにパーマをかけると
変な頭が完成するわけですから(しかも治らない)
無理にかけない方がいいですよってこと

 

そしてお客様の場合も
写真では普通にキレイに見えるのですが
実際はそれなりにダメージもしており
リスクも感じる状態。。。

 

とはいえですよ

こんなブログに出会ってしまったばかりに
はるばる1、2時間も電車を乗り継ぎ
イケてるパーマを期待して
こられたわけですから
僕もその期待に答えるべきでしょう

 

美容師歴10数年。
そして一般的な美容師よりも
縮毛矯正やパーマの経験はしてきたつもりです

そんな僕の全知識と技術を
100%惜しげもなく注ぎ込み

そしてを込めた仕上がりはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛先のパーマはお断りして
毛先のカットと根元の縮毛矯正です w

 

いや悩んだんですけどね。。。

とんでもないダメージではなかったし
正直もしかしたら
キレイにかかったかもしれません
(やり直しが効くならかけてた w)

 

しかし、もしかしたらパサついた仕上がりに
なってしまうかもしれないなと
今回は判断させていただき
パーマはお断りさせていただいたわけです

そんなもしかしたら
変な頭になっちゃうかもしれない施術を
実験感覚でするわけにもいかないですからね

申し訳ありません

 

とはいえ断っておいて
偉そうに言うのもなんですが
こういった臆病な考えって
美容師には必須だと思うのです

 

だって万が一パーマ失敗して
バサバサになったら
髪の毛元に戻ったりしないわけですよ

バサバサになったら、お客様には
そのまま変な頭で過ごしていただくことになるか
望んでいないショートヘアーをしていただくかに
なっちゃいますからね

どちらもツラすぎでしょう 苦笑

 

 

ということでパーマを失敗しない方法は

かけない

ということです w

 

なめてんのか?
との声が聞こえますが
これはマジですよ

 

無理にパーマをかけてヤバい頭になってる人
たくさん見てきましたし
正直、僕も若かりし頃はお客様に
ご迷惑おかけしてしまったこともございます

そしてやっぱりヤバい頭ってストレスだし
直すのに年単位の時間がかかってしまうことも
少なくないですからね

 

そんな辛い思いする可能性があるなら
かけないのが賢い選択でしょう

 

もちろんこれからもお客様のために
リスクの高い髪の毛でも
美しくパーマをかけれるよう
僕も精進していくのべきなのは
言わずもがなですが


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。