【骨格で似合わせるカット】がクソな理由?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容業界には
『骨格で似合わせる』
といった、理論だか技術だかが
コロナウイルスのごとく蔓延しています

雑誌にも良く
丸顔にはコレ、面長にはコレみたいなことが
書かれてますし
それこそ、『骨格による似合わせ』を売りにしているサロンも
多くあるかと思います

 

誰だって似合う髪型したいわけですから
それを(骨格による似合わせ)求めて美容室にいく方もいるでしょうから
別にすきにしたら良いのですが

気に入らない変な頭になって、後悔しないために
この記事は必ず読んでいただきたいです

 

 

骨格で似合わせるのがクソな理由

 

僕が『骨格で似合わせる』の蔓延を
コロナウイルスで比喩した理由は
文字通りコロナウイルスのように害悪だと思ってるからです 笑

 

というのも
”骨格で似合わせる”って言いますけど

その理論で無視してる要素が3つあるわけです

 

さっそく言ってしまうと

・髪質
・首から下
・好み

この3つです

1つずつ見てきましょう

 

髪質

そもそも骨格で似合わせるってのは
なんなのかというと
カットによる骨格のカバーです

 

絶壁やハチばりなどが
日本人には多い骨格なのですが

その骨格が丸出しだと、造形学的に美しくないということで
カットでその骨格をカバー

または丸顔や面長など顔の形、コレも骨格によるものですが
それらを緩和させるためのカット

コレらが骨格で似合わせるってことです

 

そこでなんですが
「丸顔にはひし形シルエット」
この代表的な骨格による似合わせですが

髪質的にひし形になんなかったらどうすんねん?!

って話です 笑

 

例えば猫っ毛の方なんかは
どう切ってもひし形になんかならないです。。。

なぜならトップにボリュームがでなければ
ひし形にはならないわけで
トップにボリュームがでない髪の毛を猫っ毛というのです 苦笑

または、広がりやすいくせ毛の方は
下手にひし形シルエットを目指して段差をつけると
ひし形ではなく、ただのボンバーヘッドになるわけです。。。

のように、骨格による似合わせって
髪質無視してるんですよね

 

首から下

 

首から下というのは
その人のファッションのテイストや体型やキャラクターのことです

 

またまたわかりやすい”丸顔にはひし形”を例に出すと

その人がブリブリのきゃわいーファッションのテイストをしているのであれば
段差をつけたひし形シルエットなんかより
むしろ前髪パッツンの丸っこいボブにした方が
その人らしいんじゃない?って思うわけです

 

 

 

芸人の渡辺直美さんですけど
ご覧の通り丸顔です

しかし
丸顔を強調してしまうような短めパッツン前髪をしているわけで
セオリー通りにいったら
まじでやってはいけないやつです 苦笑

 

にも関わらず
多くの方がこの前髪似合ってるって思うとおもうのですが
それは首から下、またはキャラクターによるものなわけです

 

好み

 

ファッションのテイストと繋がるのですが
コレが髪型を選ぶ上で1番大事

美容師がいくら理論的に
あなたの骨格にはコレが似合いますよ
って言ったところで

それ嫌いです

って言われたらもうおしまいです 苦笑

 

結局のところ
骨格により似合わせたところで
その髪型が嫌いだったら意味ないわけです

あなたの満足に繋がらないですからね

身も蓋もないこと言いますが
髪型なんて好きなのやれば良いんです 笑

 

 

そもそもカットで大事なのは
骨格を見てとかではなく
”その人をみる”ということです

その人の
髪質や好み、ファッションのテイストなどの
全体を見て髪型は決めるべきものですからね

当然その人をみたら
骨格も含まれるわけですから
骨格なんてどーでもいいって言ってるわけではなく

骨格だけ見てもまじでなんの意味もないですからね

 

ゆえに、骨格による似合わせはクソなのです 苦笑

 

似合う髪型したかったら
こちらもご覧ください

↓ ↓ ↓

本当に似合う髪型の見つけ方【総集編】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です