【違法薬物乱用美容師】に気をつけろ!!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

最近の話題といえば
コロナのクソばかりなのですが
昨今の芸能人の
違法薬物使用問題には目に余るものがあります

ここ数年で薬物乱用により逮捕された芸能人は数知れず。。。
一般人に比べたら
そういった誘惑が多い世界であることは
間違いないと思うのですが

実は

 

美容業界も例外ではありません

 

というのも

なぜこんなカットしたの?
なぜこんな状態にパーマしたの?

といった正気の沙汰とは思えない判断の末
とんでもない頭になってしまっている方が少なくないからです

そういった状態の髪をみると
その頭作った担当者が”イケないお薬をキメている”
としか思えない。。。

それ以外に説明のしようがないのです 苦笑

 

先日のお客様はコチラの方です

 

 

パーマしてバサバサになってしまった時の現実的対処法?!

 

まさに違法薬物中毒美容師の
被害者です 苦笑

 

 

パーマというのは元の素材(髪の毛の状態)に
非常に依存する技術です

痛みまくってる髪の毛に
キレイにパーマをかけることは不可能なわけで
お客様の当時の頭もどう考えたってパーマ不可能な状態(痛みとカットが)

 

”火はヤケドするから触ってはいけない”
といった、3歳児でも判断できるようなことを

高校を卒業、2年間専門学校で勉強し、国家資格を取得
就職してからも真面目に毎日練習に明け暮れ、先輩からの理不尽な要求にも我慢してこたえ
3年ほどのつらく厳しい修業期間を終えて、ようやくお客様を担当できる
そんな美容師が なぜ判断できない。。。

 

それを納得ができるような説明をするには
”違法薬物乱用”
意外に考えられないのです 笑

もちろん同業として信じたくはありません。。。

修行期間中のストレスでそういったお薬に手を出してしまったのか
チャラチャラしているという
一般的な美容師のイメージ通りの奴がクラブで遊び半分で
手を出してしまったのかは知りませんが
悲しい事実でありますし、由々しき自体です。。。

 

違法薬物の良くないところは
”周りの人間にも被害が及ぶ”ということです

 

自分だけの被害であれば
自身の弱さや認識の甘さを恥じろ!後悔しろ!
で 終わりなのですが

今回のお客様のように正常な判断ができず変な頭にされては
たまったもんではないのです。。。苦笑

 

 

ということでお客様、今回来店時

 

 

 

以前、ショートにした時のトラウマもあったようですから
短く切りたかったわけではないのですが
被害にあわれた毛先部分をどうにかするために
短くさせていただき、様子を見てもらったのですが

 

意外と良かったみたいです 笑

 

どうやら違法薬物中毒美容師も根っからのクズ
といったわけでもなかったようです

バサバサの毛先を切ることによって
「ショートスタイルも悪いもんじゃない」
ってことをお客様に気づかせてくれたのですから。。。笑

 

 

ということで今回も短く切らせていただきました

 

 

乾かしてこんな感じ

僕にできることは
正常な判断をし無理のないヘアスタイルを作ること。。。

一刻も早くそういったお薬に手を出す美容師がいなくなることと
薬物自体がなくなることを願うばかりです 苦笑

 

みなさんも気を付けてください


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です