縮毛矯正をかけてる方がスタイルチェンジするときの必須条件とは?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

昨日の記事
縮毛矯正しているなら
したいのなら

明るめのカラーは禁止

ってことを書かせていただいたのですが

それは明るめのカラーにより髪が痛んでいると
(別にカラーじゃなくても痛みが強いと)
いざスタイルチェンジしたいってときに
それが叶わない可能性があるからです

 

縮毛矯正かけるなら【明るめのカラーは禁止】な理由!変な頭にならないための基礎知識

 

しかし逆に言えば
痛みがあまりなければ
縮毛矯正がかかっていても
スタイルチェンジは可能なわけですが

 

先日のお客様です

 

 

キレイに見えますが
縮毛矯正をかけているからですね

かけないと
広がりやすいクセ毛です

 

 

で 今回はバッサリ
ショートにしたいということですが

縮毛矯正がかかっている髪の毛を短くすると
だいたい毛先がツンツンの
泣きたくなるような不自然なスタイルになるわけです

それって誰が切っても同じこと。。。
縮毛矯正がかかってる髪を切ってもツンツンしないカット
なんてのは存在しないです

 

ということは

それを回避するためには
また全体的に縮毛矯正が必要なのですが

痛んでいるとそれができない

ってわけですね

 

できないということは

毛先ツンツンなのを自分で
うまくスタイリングするか

ツンツンの泣きたくなるような頭で
我慢して過ごすか

無理してやって毛先チリチリになって
もっと恥ずかしい頭で過ごすかです 苦笑

 

そんなの嫌じゃないですか

だから
なるべくダメージがない状態に
しておいてほしいわけですね

そしてそういった事実を知ってほしいわけです

 

 

 

 

バッサリ切って
案の定毛先ツンツンになったので
全体に自然になるように矯正しました

痛みがあまりないと
ショートでも
こんな感じの自然な縮毛矯正も可能ですからね

 

縮毛矯正をしている方
したい方はぜひ

髪の毛のダメージには気を付けてください

 

絶対スタイルチェンジしたい時がきますから 苦笑

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です