ブリーチ毛にパーマはしない方がいい理由 後悔しても遅いからね

毎日コテで巻くの大変だし

パーマ

 

こんにちは!

小田急相模原駅 徒歩2分

座間市の美容室 LUCK相模原(ラック)

ヘアケアマイスター石川です

 

 

 

ブリーチとは?

 

髪の毛の脱色です。

 

ブリーチ剤により

髪の毛の中にあるメラニン色素を分解(破壊)して

髪の毛を明るくしていくわけなのですが

 

ブリーチの

回数を重ねると

黒から茶褐色 赤褐色 オレンジ 黄色 白っぽく と

だんだんと明るくなってきます

 

そうすることにより

透明感のある色だったり

少しビビットな色だったり

カラーリングの幅が広くなっていきます

 

 

しかし

髪の毛の中のメラニン色素を破壊することにより

髪の毛はダメージを負っていきます

 

パーマの仕組み

2017.05.12

パーマの仕組み書いてあるんで読んでみてください

この記事にも書いてあるんですけど

 

 

髪の毛はよく海苔巻きに例えられ

ご飯粒の所にパーマがかかるわけなんですけど

ブリーチによりダメージした髪の毛は

ご飯粒が流出し

パーマのかかる部分がなくなります

 

かかる部分がなければ理論的に無理

 

そして無理にかけようとすると

バッサバサのチリチリってことも。。。。

 

もちろんダメージ具合では

酸性のパーマ液なんかで かけられる可能性もあります

 

しかしその可能性があまりにも低いですし

いくら美容師でも髪の毛の中は見れないので どのくらいご飯粒が残っているのか

判断するのは至難の業  というか無理。。。

 

少しの可能性にかけてパーマ強行突破

結果 バサバサのチリチリ。。そして一度傷んだ髪は何をしても治らない

髪は1度ダメージすると治りません!?

2017.04.17

 

もし

万が一うまくかけられても カールのもちや

自宅での再現性は確実に低くなります

 

まとめると

 

できないわけじゃないけど

可能性低いし

できたとしても 満足のいくパーマのクオリティは無理

 

ってことになります

 

ハイリスク ローリターンです。。。笑

 

ハイトーンのカワイイ色にしたいのもわかるんですけども

犠牲にしなきゃいけないものもあるのをご理解ください。。。

 

 

以上 ブリーチ毛にパーマをオススメしない理由でした

ありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です