パーマの仕組み

パーマってなんでかかるか知ってますか?

知りたくないですか?

興味ないですか?

興味ない人がほとんどでしょう。。。。

そんなものはお構いなしで

今回はパーマの仕組みを簡単に説明しようかと思います 笑

 

 

 

こんにちは!

小田急相模原駅 徒歩2分

座間市の美容室 LUCK相模原(ラック)

ヘアケアマイスター石川です!

 

 

髪の毛はよく海苔巻きで例えられます

かっぱ巻きでいうと

ノリの部分がキューティクル

そして

ご飯の部分にある

シスチン結合ってのを利用してかけていくわけです

 

シスチン結合ってのは 図で書くと

こんな感じ

この側鎖の結合があるため

髪の毛は曲げても もとにもどるわけなんですけど

パーマの1液でこの結合をいったん切ります

 

こんな感じに

 

そしてロッドを巻くことにより

形が変わり その形にあわせて

○とか△とか×が移動します

 

んで 移動したところで2液をつけることによって

最初と違うやつと再結合して

カールを固定します

 

 

よって髪が曲がる(パーマがかかる)わけなのです。

 

すごくないですか?!パーマって。。

 

 

こんなことは知らなくていいんですけどね。。。笑

 

でもパーマのかかるご飯の部分は大切にしてくださいね!!

必読↓↓↓↓↓必読

パーマをキレイにかけるためには?! パート2

2017.05.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です