アイロンやコテを使用する際になるべく傷まないようにするには?

こんにちは!

小田急相模原駅 徒歩2分

座間市の美容室 LUCK相模原(ラック) ヘアケアマイスター石川です

 

 

 

 

アイロンやコテって本当便利ですよね

クセも伸ばせるし 色んなスタイル楽しめるし パサついていても使えばツヤもでるしキレイに見える

 

いいことだらけです

 

しかし気になるのは

やっぱりヘアダメージ

 

みなさんアイロンすればするほど傷むのはご存知かと思いますし

中には200度を超える高温のものもあります

 

そりゃ毎日したら傷みます

 

わかってはいるけど

ダメージはしたくないけど アイロン使わないとキレイにならないし。。。でもダメージはイヤ。。でも。。笑

 

じゃあどうしたらいいの??

 

 

 

 

 

アイロンをやめてください 笑

 

 

 

 

 

 

 

なんてことは言いません

もちろんしないにこしたことはないけど

バサバサの髪の毛で外は歩けないですしね

 

元アイロンヘビーユーザーのイシカワにはその気持ち

痛いほどわかります。。。

 

 

アイロン使ってもなるべく傷ませない方法

 

まず初めに

最近よく聞く傷まないアイロン。。。ダメージゼロはありえないので気を付けましょう!

髪が傷まないアイロン??

2017.07.18

 

 

次に熱から保護する系の流さないトリートメント オイルとかミルクとか

 

つけたからって熱から守ってくれるとは正直考えにくい

アイロンの滑りをよくし 無駄な摩擦が起こらないようにつける(重要)くらいの感覚の方があっている気がします

 

 

濡れた状態でのアイロンも危険です ジューっていったらダメージ大

 

 

そして

アイロンは温度が高いほど

髪の毛を挟んでる時間が長いほどダメージします

 

 

ということは

簡単ですが

温度を低く 髪を挟んでいる時間を短くしたほうがダメージしにくくなるわけです

 

 

どうですかみなさん 温度マックスでやってないですか??

そもそも温度調整できないものもありますよね。。。

 

 

髪の毛はタンパク質でできているのですが

そのタンパク質というのはアミノ酸が数多くつながったもので

ただ直線的につながっているだけではなく そのつながりが 互いに絡み合って 立体的な構造をもっています

しかし そこに熱が加わることによって その立体構造が壊れてしまうのです

タンパク質の熱変性ってやつです

 

簡単にいうと

ようは熱でたんぱく質は傷むってことです 笑

 

 

んでその熱変性が起こるのが

髪の毛の場合

乾いた状態で130度~

濡れてる状態で60度~

って言われてます

 

アイロンは基本乾いた状態でするので130度以下に温度設定すればダメージは軽減されるということです

 

意外と130度くらいでも伸びたり 巻いたりできますよ?

 

クセの強さや髪質で 難しい場合は10度ずつ上げてみて 自分の髪の毛にクセがつく最低温度を知ることが大切です

 

傷んでしまった髪の毛は治らないし 回復することもないけど

今以上傷まさないために

温度設定

気を付けてみてください

 

ありがとうございました

 

営業日

火曜定休

営業時間

10:00~19:00

住所

神奈川県座間市相模が丘5-3-17

メニュー・料金

ご予約・相談

ライン@ 友だち追加

TEL

042-702-7150

お気軽にご予約・ご相談ください

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です